• 佐藤 和弘

変革リーダーは「ノンテクの提言シリーズ」の読破をお勧めします

ヨソ者が伴走しているかどうかに関わらず、変革リーダーは「ノンテクの提言シリーズ」の読破をお勧めします。


変革リーダーが知恵を持っていなければ、実際に組織変革に取り組むなかで、長い時間を無駄にしてしまうだけでなく、むしろ負の遺産(変わることに抵抗する空気)を増やしてしまうことにもつながりかねません。そうなってから「もっと早く知っていたら・・・」と嘆いても、時すでに遅しです。


一方で、ここに記されている300(100×3冊)の提言を、ただ盲目的に受け入れても意味はありません。人の顔が皆違うように、組織の顔も皆違います。だから結局は、自分の組織でのこれまでの経験と照らし合わせながら、「私はこう思う」と自分の頭で考え、自組織の最善解を導き出すしかありません。だからこそ、最後は提言と経験をふまえて、自分の言葉で明確に語れるようにしてください。皆さんの組織のスタッフは、提言に記された言葉などではなく、皆さんの言葉を信頼するでしょう。

***********************************************

ノンテクの提言シリーズ:

第一弾:https://www.amazon.co.jp/dp/B06X9CMGCM

第二弾:https://www.amazon.co.jp/dp/B079X4DQ1K

第三弾:https://www.amazon.co.jp/dp/B07B63WJ2T

Recent Posts

See All

「誰から学ぶのか?」から脱却するための自己紹介の定番のセリフ

講演で自己紹介を終える際に、定番と言ってもいいセリフがあります。それは、「僕が誰かというのは重要じゃなくて・・・」というセリフです。 たしかに、一般的に教育において、「誰から学ぶのか?」という視点は大事です。ただ、僕が提供しているノンテクニカルスキルの組織学習において大事なことは、あくまでも「誰と学ぶのか?」であり「何を学ぶのか?」であり「どのように学ぶのか?」です。 なぜならば、当然ながら現場の

組織の2:6:2の法則は個性のマネジメント

変革リーダーが自ら迷子にならないための羅針盤である組織の2:6:2の法則。僕はこれらを推進派、慎重派、抵抗派と呼んでいますが、このように分けると、ともすると善し悪しでとらえてしまうかもしれません。しかし、組織の2:6:2の法則は、善し悪しではなく、「人は本来弱い生き物である」という前提で使わなければ、リーダー自身が迷子にならないための羅針盤でありながら、その羅針盤を使うことによって迷子になってしま