• 佐藤 和弘

変革リーダーは「ノンテクの提言シリーズ」の読破をお勧めします

ヨソ者が伴走しているかどうかに関わらず、変革リーダーは「ノンテクの提言シリーズ」の読破をお勧めします。


変革リーダーが知恵を持っていなければ、実際に組織変革に取り組むなかで、長い時間を無駄にしてしまうだけでなく、むしろ負の遺産(変わることに抵抗する空気)を増やしてしまうことにもつながりかねません。そうなってから「もっと早く知っていたら・・・」と嘆いても、時すでに遅しです。


一方で、ここに記されている300(100×3冊)の提言を、ただ盲目的に受け入れても意味はありません。人の顔が皆違うように、組織の顔も皆違います。だから結局は、自分の組織でのこれまでの経験と照らし合わせながら、「私はこう思う」と自分の頭で考え、自組織の最善解を導き出すしかありません。だからこそ、最後は提言と経験をふまえて、自分の言葉で明確に語れるようにしてください。皆さんの組織のスタッフは、提言に記された言葉などではなく、皆さんの言葉を信頼するでしょう。

***********************************************

ノンテクの提言シリーズ:

第一弾:https://www.amazon.co.jp/dp/B06X9CMGCM

第二弾:https://www.amazon.co.jp/dp/B079X4DQ1K

第三弾:https://www.amazon.co.jp/dp/B07B63WJ2T

Recent Posts

See All

有事のリーダーシップと「成功体験と習慣化」

平時の制度は有事には通用しない。だが、平時に制度化されたことには、そうすることが良いと判断した成功体験があったからであるから、制度を変えることに対して、組織の人たちからの不安や反発があることは、容易に想像がつく。 さらに、制度は「行動の仕組み化」であるので、制度によって長年の行動が習慣化されてしまうと、頭ではわかっていても、行動変容することが難しくなってしまう。 平時にはマネジメントが、有事にはリ

有事の中の平時にいるリーダーの、有事標準のリーダーシップ

有事の状況であっても、それが実際に自分たちの半径5メートルの中に入ってこない限り、行動すべきことはそれほど大きく変わらない。それは、平時の状況の時から「基本」と言われてきたことを、ただ粛々を行動し続けることである。 だから、もし組織の人たちが相当な「異常」な行動を取らざるを得なくなった時には、すでに半径5メートルの中に有事が入り込んでしまっていることを意味する。 有事と一言で言っても、「戦争」体験

© 2013 by Kazuhiro Sato