• 佐藤 和弘

多施設合同の大規模な双方向型オンライン研修の実施に向けて動き始めています


多施設合同の大規模な双方向型オンライン研修の実施に向けて動き始めています。本日は、オンラインテストを行いました。


今回は、施設ごとに複数グループでリアルに集まり、講師とグループ同士をオンラインでつなげる「分散ハイブリッド型」の双方向型オンライン研修を実施するため、いかにリアルで議論(アウトプット)した内容をオンラインで講師や他のグループに共有するかが肝になります。


分散ハイブリッド型におけるアウトプットの全体共有の方法には、主に「チャット機能を使う」「画面共有機能を使う」「カメラ機能を使う」の3つの手段があるため、それぞれについて試してみながら、肌身(体験)を通じてアウトプットの全体共有の方法を模索していきました。


このように、新しいテクノロジーの導入の際には、「組織的な試行錯誤力」が重要になります。それは、この試行錯誤を通じて、自組織に馴染むようにアクティベーションされていくからであり、この試行錯誤のプロセスを通じて、テクノロジーに関する納得感が高まるからです。実際、早速前回のオンラインテストよりも、皆さんの「テクノロジーの使いこなし感」が高まっていました。


オンラインテストの最後には、次のようなメッセージ。


「よくリアルよりもオンラインのほうが劣っているといった話がありますが、そのように捉えると判断を誤ると思っています。(むしろ)オンラインのほうがリアルよりも優れているのは、チャットを使って言語化されたものを見える化できるからです。そうすると、学習効果の評価でも、見える化された意見を評価することができますし、AIによって解析することもできるようになります。このような、少し先の未来も見据えながら、この研修を考えていってください」

Recent Posts

See All

「過去の成功体験が未来の成功体験をつくる」「過去の成功体験が未来の失敗体験をつくる」という相反するように見える物事をつなぐ

「過去の成功体験が未来の成功体験をつくる」という言葉は、いかに組織変革においてスモールウィン(小さな成功)が重要であるかを意味しています。なぜ人は行動できないのか。それは、行動すればスモールウィンを実感できる(かもしれない)という期待につながる成功体験を、これまで十分に積み重ねることができていないからだと考えることができます。誰しも、これまで成功したことがないことに挑戦するのは怖いと思うのが自然で

問題解決の議論を固有名詞レベルに落とし込む

現場の問題解決の議論は、基本的に「固有名詞」レベルに落とし込むことが重要です。 どんな現場の事例にも当事者である◯◯さんがいるわけで、その◯◯さんには◯◯さんの性格や価値観、考え方があり、それは他の人と同じではありません。このことが意味するのは、固有名詞レベルで行わない問題解決の議論は、極端な話、当事者の「個性」を無視した議論になってしまいかねないということです。言い換えれば、一般化できないその個

© 2013 by Kazuhiro Sato