• 佐藤 和弘

多施設合同の大規模な双方向型オンライン研修の実施に向けて動き始めています


多施設合同の大規模な双方向型オンライン研修の実施に向けて動き始めています。本日は、オンラインテストを行いました。


今回は、施設ごとに複数グループでリアルに集まり、講師とグループ同士をオンラインでつなげる「分散ハイブリッド型」の双方向型オンライン研修を実施するため、いかにリアルで議論(アウトプット)した内容をオンラインで講師や他のグループに共有するかが肝になります。


分散ハイブリッド型におけるアウトプットの全体共有の方法には、主に「チャット機能を使う」「画面共有機能を使う」「カメラ機能を使う」の3つの手段があるため、それぞれについて試してみながら、肌身(体験)を通じてアウトプットの全体共有の方法を模索していきました。


このように、新しいテクノロジーの導入の際には、「組織的な試行錯誤力」が重要になります。それは、この試行錯誤を通じて、自組織に馴染むようにアクティベーションされていくからであり、この試行錯誤のプロセスを通じて、テクノロジーに関する納得感が高まるからです。実際、早速前回のオンラインテストよりも、皆さんの「テクノロジーの使いこなし感」が高まっていました。


オンラインテストの最後には、次のようなメッセージ。


「よくリアルよりもオンラインのほうが劣っているといった話がありますが、そのように捉えると判断を誤ると思っています。(むしろ)オンラインのほうがリアルよりも優れているのは、チャットを使って言語化されたものを見える化できるからです。そうすると、学習効果の評価でも、見える化された意見を評価することができますし、AIによって解析することもできるようになります。このような、少し先の未来も見据えながら、この研修を考えていってください」

Recent Posts

See All

北陸大学医療保健学部で2回目の双方向型オンライン講義

9月に続き、北陸大学医療保健学部で2回目の双方向型オンライン講義をしました。対象は臨床検査技師と臨床工学技士のダブルライセンス取得を目指す学生の方々。 実は、これらの職種は、医療が非連続的な変化に適応するうえで、脚光を浴びる職種と言えます。臨床検査技師は、withコロナ時代の変化に適応するため、そして医療エンジニアである臨床工学技士は、テクノロジー時代の変化に適応するために重要な職種だからです。そ

© 2013 by Kazuhiro Sato