• 佐藤 和弘

太田歯科医院◯◯Day1で講演


今回から、トップ〜ミドルマネジメントクラスに対するエグゼクティブコーチングセッションに進化。ここは、よくある研修のように、単なるお勉強ごとではなく、本気で意思決定・実行していくための場であるため、本気度が伝わる名称に変更を促し再出発した(まだ未定なので◯◯)。


トップからこの場の目的を共有しながら、まずはヨソ者が次の問いを投げかけた。


「甘口コース、中辛コース、辛口コースのどれがいいですか?ちなみに、これまでのノンテクの組織学習は甘口でもなくスイーツコースです」


結果、多数決で中辛コースになったので、健全な批判のもと、まずはいくつか簡単な一刀両断。


「皆さんはマネジメントの勉強してますか?(少なくともヒト系の)MBAの知識は必要条件ですよ」


そのうえで、人材マネジメントの森の棚卸しをしながら、まずは【採用】【配置】のマネジメントの一刀両断。タレント競争で勝負が決まってしまうこれからの医療業界において、これらは切って切りまくらなければならないほど重要な論点である。


「今この場があるということは、現場に問題があるということですよね。であれば、なぜ問題があるのかを今から明らかにしていきたいと思います」

「このように、一つひとつ(問題の本質となる原因の)箱を開けていけば『そりゃ問題が起こるよな』と思うでしょう」


これまでのDay18までのノンテク研修は準備段階。これからが本番(のリハーサル)。

© 2013 by Kazuhiro Sato