• 佐藤 和弘

太田歯科医院ノンテク会議Day2(ノンテク研修から数えるとDay20)で講演


トップ〜ミドルマネジメントクラスが集まり、まずはトップが経営的観点からの各組織の現状共有。そして、各人がある観点から組織の現状分析を行った結果を共有し擦り合わせ。


その後、ヨソ者が「健全に批判する」「タダ乗り禁止」のルール(お作法)を共有したうえで、以下の問いかけ。

「(ヨソ者からのフィードバックに関して)『甘口』『中辛』『辛口』コースがあります。本当は『激辛』コースもありますが、やらない方が良いと思います。ちなみに、これまでのノンテク研修は『甘口』でもなくて『スイーツ』コースでした。前回は『中辛』コースを選んでいただきましたので、今回も『中辛』コースでいきます」 「これから役者を演じ、演技で健全な批判をしていきます」


そのうえで、人材マネジメントの全体像を森として眺めながら、どの視点(木)に選択と集中するかを議論したうえで、その木を育てるために、問題解決の六大大陸の踏破に向けて議論。適宜、ヨソ者からの健全な批判を受けながら、現実世界の問題解決を考えていった。


これまでのDay18までは、いわばこれから本格的に問題解決を行っていくための練習期間。社会人になるまでに義務教育だけでも9年かかる。人を育てるとはそういうもの。だから、組織学習も練習期間にこれだけかけるのも、何ら特別なことではない。


終了後はヨソ者からのつぶやき。 「健全な批判をする演技も大変でした。あとすみません。『中辛』と言ったのに『甘口』になってしまいました」


鹿児島中央駅横の中央町19・20番街区の再開発も着々と。これから県内新幹線移動で長島へ。

Recent Posts

See All

先日は、玉名市包括支援センター主催のオンライン研修「チームを動かすノンテクニカルスキル研修」で講演しました。 全2回のシリーズで、第1回の今回のテーマは「最強の問題解決の技術」。 メインはもちろん問題解決プランを作成し学び合うセッションなのですが、一般論として、このようなセッションを通じて実感してもらいたいことは、やはり「共通言語」の大切さについてです。 例えば2W1Hが共通言語になっている議論(

先日は、北陸大学医療保健学部の科目「地域チーム論」において、「チーム医療に必要なノンテクニカルスキル」というテーマで講義しました。対象は臨床検査技師・臨床工学技士のダブルライセンス取得を目指す大学4年生で、講師はオンラインでの講義でした。 一般論として、医療者が現場のリアリズムを特に実感するタイミングはいくつかあるのでしょうか。例えば、現場スタッフ(プレーヤー)から管理者(マネジャー)になったタイ

現在、ノンテクニカルスキルの双方向型オンラインセミナーをシリーズで構想しています。 2W1Hなどの基本的な個別スキルだけでなく、問題解決の六大大陸や人材マネジメントの全体像、組織変革と空気のマネジメント、双方向型オンライン研修の方法など、さまざまなテーマをご用意しようと考えています。 基本的に、院内研修(組織学習)の場合は、「大事なことに順番を決める」、つまり組織で反復練習するために、個別スキルの