top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

「学びは、現場業務という日常の実生活を豊かにするために行うもの」という原則を押さえ、ぶらさない

【4段階】組織の空気を変えて組織を変革する

それによって↑↓そのために

【3段階】共通言語を基に慎重派に推進派の真似をしてもらう(ラーメン屋の行列づくり)

それによって↑↓そのために

【2段階】組織学習を通じて共通言語をつくる

それによって↑↓そのために

【1段階】現場の研修化と研修の現場化を行う


このように整理してみると、現場業務での実践自体を研修(能力開発)ととらえる現場の研修化と、研修の中に現場業務での実践の内容を持ち込む研修の現場化が、組織変革の第一歩(出発点)であることがわかります。この第一歩を踏み間違えると、第二歩につながらない、つまり組織全体に失敗体験をつくってしまい、それが再度第一歩を踏み出そうとした際の足かせになってしまいかねません。その意味において、この第一歩(初めの一歩)はとても重要になります。


そのような現場の研修化と研修の現場化ということをコンセプトとしてみると、学ぶべきテーマの「選び方」が見えてきます。それは、一言で言えば「日常性」です。現場業務での実践を通じて学ぶということは、日常業務の中で使わない、使えない、使うことがないテーマは、いくらそのテーマ自体が有意義であっても、どうしても優先順位が低くなります。


もちろん、日常業務の中で使わないテーマも、学びの点と点を線でつなげる、つまり日常業務の中で使うテーマに影響を与えるものである場合もあるでしょうから、限られた時間や労力の中で学べるのであれば、その機会を用意することも大切です。ただ、それはあくまでも優先順位に従うのであって、それによって日常業務の中で使うテーマを学ぶ機会を用意できなくなってしまうといったことは避けなければなりません。したがって、


「学びは、現場業務という日常の実生活を豊かにするために行うもの」


このような考え方を原則として押さえ、ぶらさないようにすることが大切になります。

Recent Posts

See All

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル39

【「日常の物事に例える力」 複雑な出来事をわかりやすく伝えるためには、日常の物事に例えてみる。普段から触れる機会の多い日常の物事は体感的に理解しているため、その体感的な理解を通じて、相手が複雑な出来事を理解しやすくなる。これは言わば、わかりやすく伝えるための「翻訳作業」。おすすめなのは以下の3つ。 ①「料理」に例えてみる (例)食材にあたるのが知識、調理の腕にあたるのが考える力 ②「乗り物」に例え

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル38

「生成AIの本質的価値と情理」 現場の問題解決において、生成AIを用いる本質的な価値は、人間のように自然な会話ができることでも、膨大な知識を基に論理的な文章を瞬時に生成できることでもなく、何か困った事態になったら「生成AIのせいにできる」ことにあると考えることができる。ある問題解決の議論において特定のスタッフにとって都合が悪い内容に触れざるを得ない場合も、「これは私の意見ではなくて、あくまでも生成

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル37

「半径5メートルのプレゼンテーションスキルとあの手この手力」 プレゼンテーションスキルとは、講演や発表といった特別な舞台だけでなく、現場業務という日常の舞台においても重要になるスキルである。プレゼンテーションスキルを現場の半径5メートルの視点で考えた場合、ある説明に関して、難しい内容を日常の出来事でわかりやすく表現し直してみる力(例える力)や、相手との共通点を押さえたうえで、その文脈を通じて伝えた

Comments


bottom of page