top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

少数派だからこその安心感と、多数派だからこその安心感

立場(地位や職位、権限)によらずに誰かを動かす時、その人はリーダーでありリーダーシップを発揮していることになりますが、それ以前に、そもそも自分自身をリードしている(自分に対してリーダーシップを発揮している)と考えることもできます。このように、


「リーダーシップは自分自身に向けることから始まる」


ととらえると、自らが行動するモチベーションを維持するために「安心感の醸成」が大切になります。


そして、そのうえで役立つのは、「少数派だからこその安心感」と「多数派だからこその安心感」を上手に高めていくことだと考えています。


「組織は少数派が変える」


というのは、変革の基本だと言えます。皆が本当に変えたいと思っているならば、すでに組織は変わっているはずだからです。そうでないから、リーダーが変えていかなければならない。


けれど、ファーストペンギンは孤独であり、「あの人は変わってるから」「あの人は特別だから」といった扱いを受けることもあるでしょう。「変わってるから」というのは、「私たちとは違うから」ということを意味していることがわかります。


ただ、逆に言えば、そのような扱いを受けるということが、自分がファーストペンギンである(変革リーダーである)という証拠であるととらえることもできます。だから、この観点から言えば、


「変わった人扱いされてる!良かった!」 であり 「変わった人扱いされていない!どうしよう・・・」

と都合よく考えて安心すれば良いのだと思います。


一方で、変革は失敗(に見えること)の連続であることは、誰もが「それはそうだろう」と思うことでしょう。ただ、ということは、失敗するリーダーのほうが社会を見渡せば多い(多数派)であると言えるということがわかります。


であれば、

「今回も上手く行かなかった・・・。でも、私のようなリーダーが多数派だから、(失敗するのは)私だけじゃない!」

と都合よく考えて安心すれば良いのだと思います。


自分自身へのリーダーシップは「自分の世界」で完結できる話ですから、だったら自分に都合がいいように、状況によって「少数派だからこその安心感」と「多数派だからこその安心感」を上手に使い分けて高め、モチベーションを維持することが大切になると言えます。

Recent Posts

See All

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル33

「あれとこれをつなげる伏線回収のマネジメント」 人はストーリーを通じて物事を理解し納得する生き物ととらえてみると、スタッフの理解と納得感を高めるために大事なことは、「伏線回収のマネジメント」である。ある取り組みという伏線は、それによって小さな成功を実感した時に初めて回収できる。伏線だけではスタッフの不安や不満が高まりやすいし、回収できたとしても、それがどの伏線の恩恵なのかがつながらなければ、(取り

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル32

「組織の中の個人としての3つの選択肢」 組織の中で個人として過ごすうえで、スタッフには3つの選択肢がある。1つ目は「改革する」、2つ目は「順応する」、3つ目は「辞める」。組織には変わり続けることが求められるが、それはあくまでも組織としてであって、スタッフ1人ひとりは「改革する」以外の選択肢も選ぶことができる。医療者側が働く場所(医療機関)を選ぶ「働き手不足の時代」は、3つ目の選択肢のハードルも低く

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル31

「沈黙という同調力」 多数派である慎重派が組織の中で自分(たち)を守るために用いる力が、「沈黙という同調」である。推進派の意見でも抵抗派の意見でも、それらの意見に対して「何も言わない」という態度を取ることによって、たとえその意見に基づき行動した結果失敗したとしても、「私はあの意見に賛同したわけではなかった」と主張することができる。沈黙という同調という態度は他者から見れば賛同したように一見すると見え

Comentários


bottom of page