• 佐藤 和弘

山梨医療安全研究会の医療安全教育セミナーで講演


今年で3年目。今回のテーマは、「医療安全のための組織変革の考え方〜人と組織を動かすためのノンテクニカルスキル 〜」。


まずは、問題解決とは何か、2種類の問題解決、問題解決の六大大陸などを紹介したうえで、メインは、表の明るい森(人材マネジメントの全体像)と裏の暗い森(組織マネジメント=空気のマネジメント)の基本をレクチャー。


特に、裏の暗い森の深さについては、医療(安全)においても教訓として大いに学ぶべき、近年の日本の安全に関する有事の出来事を引用。なぜ、強大な権力(ポジションパワー)を持っている巨大組織のトップですら空気に支配されたのか。なぜ、「多くの関係者」ではなく「すべての関係者」が、その場の空気を読む態度になってしまったのか。これらには、あらゆる医療者が学ぶべき重要な教訓が含まれている。


そして、医療安全において人と組織を動かすノンテクニカルスキルを学ぶ必要性について、講演の最初のメッセージ。


「医療安全は、結局、人や組織が行っていくんですね。ですので、医療安全の視点で医療安全を捉えるのではなく、人や組織の観点で医療安全を捉えていくことが大事なんです」

Recent Posts

See All

群馬県病院局職員研修【ノンテクニカルスキル管理職編】で講演

群馬県病院局職員研修【ノンテクニカルスキル管理職編】で講演しました。研修方法は双方向型オンライン研修(分散ハイブリッド型)で、テーマは「人材マネジメントに必要な仕組みと問題解決」。 テクニカルスキルとノンテクニカルスキルの関係や問題解決とは何か、ノンテクニカルスキルの重要な個別スキル、2種類の問題解決、そして問題解決の六大大陸(世界地図)に関して確認し、人材マネジメントの全体像や空気のマネジメント

群馬県病院局職員研修【ノンテクニカルスキル基礎編】で講演

群馬県病院局職員研修【ノンテクニカルスキル基礎編】で講演しました。群馬県には、心臓血管センター、がんセンター、精神医療センター、小児医療センターの4つの県立病院があります。 研修方法は双方向型オンライン研修(分散ハイブリッド型)、テーマは「ノンテクニカルスキルの基本的な考え方と医療現場での使い方」ー多職種で学ぶ組織で問題解決する技術ー。 ノンテクニカルスキルの重要な個別スキルを学び、グループで問題