top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

岡山県臨床検査技師会主催「糖尿病療養指導講演会」の教育講演(オンラインでの講演)でお話ししました

Updated: Mar 3, 2022


先日は、岡山県臨床検査技師会主催「糖尿病療養指導講演会」の教育講演(オンラインでの講演)でお話ししました。


講演タイトルは「医療者のためのノンテクニカルスキル〜自分の想いを人に伝える技術〜」ということで、ノンテクニカルスキルの4つの領域「考える力」「伝える力」「決める力」「動かす力」において、主に「伝える力」に焦点を当て、1+4つの個別のスキルをお伝えしました。


1に当たるのは、いつもの個別のスキルですが、残りの4つは、


「結論と理由を明確にして伝える」 「例えて伝える」 「分けて伝える」 「まとめて伝える」


という個別のスキルです。


一般論として。「伝える」を「伝わる」に変えるために大事なことは、コミュニケーションを「伏線回収」のストーリーとしてとらえることです。


相手に伝えたその瞬間に「本人に伝わって欲しい!」と願うのは自然なことですが、そこにはあることが足りません。それは、実際の「体験」です。相手に伝えたいことを伝えたその後、本人がその内容に関するある体験をした時に、


「ああ、あの時に◯◯さんが言っていたことはこのことなのか!」


と腹落ちする(伏線が回収される)、つまり、アレ(伝えたこと)とコレ(体験したこと)が繋がるのです。


だからこそ、コミュニケーションを、「伝えた瞬間」から相手が「体感した瞬間」まで時間軸を伸ばしてとらえる、つまり、伏線回収のストーリーとしてとらえることが重要になるのです。

Recent Posts

See All

Magic Shiels主催オンラインセミナーで講演しました

昨日は、Magic Shiels主催オンラインセミナーで講演しました。先月の基本編に続き、医療安全のためのノンテクニカルスキル導入編。組織変革と空気のマネジメントについてや、ノンテクニカルスキルを組織に導入するための仕組みづくりのポイント、生成AIとノンテクニカルスキルの関係性などについてお伝えしました。 組織変革と空気のマネジメントに関連するのですが、「逆ドミノ倒し現象」と呼んでいる考え方があり

Magic Shields主催オンラインセミナーで講演しました。

先日は、Magic Shields主催オンラインセミナーで講演しました。テーマは「医療安全のためのノンテクニカルスキル基本編」。 いつもノンテクニカルスキルの4つの領域としてお伝えしている「考える力」「伝える力」「決める力」「動かす力」。医療安全においても、 【考える力】 思い込み 思い間違い 認識間違い など 【伝える力】 伝え間違い(伝達ミス) 伝えたのに伝わらなかった など 【決める力】 組

Comments


bottom of page