• 佐藤 和弘

平時と有事と合理と情理

往々にして、合理よりも情理が優先されてしまうのは、性弱説に基づく人間の宿命と言える。


特に、平時において情理優先の関係性が出来すぎてしまうと、いざ有事においてその情理を非情に切り離せなくなり、合理優先の意思決定ができなくなってしまう。


平時は合理に基づく情理の意思決定。有事は情理に基づく合理の意思決定。単に言葉を入れ替えただけに見える両者の意思決定は、正反対と言っても過言ではないほどの違いがある。


重要なことは2つ。1つは、合理と情理の「塩梅」。平時と有事で、それぞれどのくらいの塩梅であるべきなのかを試行錯誤して探らなければならない。もう1つは、平時と有事のリーダーシップの「切り替え」。昨日(平時)に情理優先だったリーダーシップから、今日(有事)に合理優先のリーダーシップに切り替ることはできるか。それを他者や過去の自分(が培ってきた他者からの信頼)が許せるのか。

Recent Posts

See All

有事のリーダーシップと「成功体験と習慣化」

平時の制度は有事には通用しない。だが、平時に制度化されたことには、そうすることが良いと判断した成功体験があったからであるから、制度を変えることに対して、組織の人たちからの不安や反発があることは、容易に想像がつく。 さらに、制度は「行動の仕組み化」であるので、制度によって長年の行動が習慣化されてしまうと、頭ではわかっていても、行動変容することが難しくなってしまう。 平時にはマネジメントが、有事にはリ

有事の中の平時にいるリーダーの、有事標準のリーダーシップ

有事の状況であっても、それが実際に自分たちの半径5メートルの中に入ってこない限り、行動すべきことはそれほど大きく変わらない。それは、平時の状況の時から「基本」と言われてきたことを、ただ粛々を行動し続けることである。 だから、もし組織の人たちが相当な「異常」な行動を取らざるを得なくなった時には、すでに半径5メートルの中に有事が入り込んでしまっていることを意味する。 有事と一言で言っても、「戦争」体験