top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

建前と本音の両方を把握しようとする姿勢

組織変革と空気のマネジメントは、組織の2:6:2の法則に基づき組織を俯瞰的に見ながら、スタッフ1人ひとりの半径5メートルに向き合うことが求められます。


そのうえで大事なことは、


「Aさんは、◯◯を行うことに賛成(反対)しています」 「それって、本音ではどうなんでしょう?」


といったように、スタッフの「建前」と「本音」の両方を意図的に把握しようとする姿勢です。


なぜならば、この建前と本音の差分から、組織の空気の影響力(この例では、賛成(反対)せざるを得ない理由)を考察することができるからです。


もし、本当は反対なのに、その場の空気に従って賛成せざるを得なかったとしても、本当は賛成なのに、その場の空気に従って反対せざるを得なかったとしても、それでは納得できずに消極的な行動になってしまうかもしれません。そして、その結果、本人にとって嫌な体験として記憶に残り続けることになりかねません。それは、本人にとってもリーダーにとっても望んではいないはずです。


したがって、ここで言う「それって、本音ではどうなんでしょう?」と言った言葉は、本人が嘘をついているかもしれないことを暴いて責めたいわけではなくて、むしろ本人の苦しい胸の内を把握し、組織の空気のマネジメントに反映させることによって、結果、本人に報いるために発するものなのです。

Recent Posts

See All

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル33

「あれとこれをつなげる伏線回収のマネジメント」 人はストーリーを通じて物事を理解し納得する生き物ととらえてみると、スタッフの理解と納得感を高めるために大事なことは、「伏線回収のマネジメント」である。ある取り組みという伏線は、それによって小さな成功を実感した時に初めて回収できる。伏線だけではスタッフの不安や不満が高まりやすいし、回収できたとしても、それがどの伏線の恩恵なのかがつながらなければ、(取り

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル32

「組織の中の個人としての3つの選択肢」 組織の中で個人として過ごすうえで、スタッフには3つの選択肢がある。1つ目は「改革する」、2つ目は「順応する」、3つ目は「辞める」。組織には変わり続けることが求められるが、それはあくまでも組織としてであって、スタッフ1人ひとりは「改革する」以外の選択肢も選ぶことができる。医療者側が働く場所(医療機関)を選ぶ「働き手不足の時代」は、3つ目の選択肢のハードルも低く

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル31

「沈黙という同調力」 多数派である慎重派が組織の中で自分(たち)を守るために用いる力が、「沈黙という同調」である。推進派の意見でも抵抗派の意見でも、それらの意見に対して「何も言わない」という態度を取ることによって、たとえその意見に基づき行動した結果失敗したとしても、「私はあの意見に賛同したわけではなかった」と主張することができる。沈黙という同調という態度は他者から見れば賛同したように一見すると見え

Commentaires


bottom of page