• 佐藤 和弘

引き返し不能地点(point of no return)を理解する

未来へつながる現在は、当然ながら過去からつながっている。特に、ある【現状】(現在の状況や背景)を正しく把握しようとする場合、どこに「引き返し不能地点(point of no return)」があったかを理解することは、教訓を引き出すうえで極めて重要である。


太平洋戦争に至る道にも、「満洲事変」「国際連盟脱退」「日独伊三国同盟」「南部仏印進駐」などとともに、やはり「二・二六事件」がその引き返し不能地点として挙げられる。いくつもの引き返し不能地点があり、その時々の意思決定を経た結果、【現状】があるのであって、【現状】に浮かび上がっている表面的な現象だけをいくら眺めていても、それを正しく把握したとは言えない。


これは、あらためて組織変革における問題解決の六大大陸がいかに広大な世界なのかを教えてくれる。

Recent Posts

See All

メタバースという流行り言葉の背景には、「非現実世界(バーチャル)を現実世界(リアル)に近づけていきたい」という、人間の自然な欲求があるように思います。 あくまでも、僕らが日々生活しているのは、今この瞬間も目の前に見えている現実世界であり、いかにこの現実世界を心身ともに豊かに過ごすかは、誰しもが関心を持つことだと言えます。 その上で、テクノロジーの進化によって、従来の文字や音声の世界から、画像や動画

「問題を正しく解決するよりも、正しい問題を解決することが大事」 もちろん、「問題を正しく解決する」ことも「正しい問題を解決する」ことも、両方大事です。ただ、正しい問題において間違った対策を実行すれば「解決できなかった」だけで終わるかもしれませんが、間違った問題を正しく解決しようとしてしまうと、本当の問題が解決しないだけでなく、それによって別の問題が起こってしまうかもしれません。その意味では、上記の

昨今、「パーパス(経営)」といった言葉が流行っています。「存在意義」と訳されることもあるパーパスですが、これは本来は「目的」という意味になります。経営単位であれ個別業務単位であれ、ある活動は目的を実現するための手段ですから、「何のためにその活動を行うのか?」という目的を押さえることは、これまでも、そしてこれからも重要であり、本来は普遍的なことです。 では、なぜ、このような整理をしたのかというと、と