top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

引き返し不能地点(point of no return)を理解する

未来へつながる現在は、当然ながら過去からつながっている。特に、ある【現状】(現在の状況や背景)を正しく把握しようとする場合、どこに「引き返し不能地点(point of no return)」があったかを理解することは、教訓を引き出すうえで極めて重要である。


太平洋戦争に至る道にも、「満洲事変」「国際連盟脱退」「日独伊三国同盟」「南部仏印進駐」などとともに、やはり「二・二六事件」がその引き返し不能地点として挙げられる。いくつもの引き返し不能地点があり、その時々の意思決定を経た結果、【現状】があるのであって、【現状】に浮かび上がっている表面的な現象だけをいくら眺めていても、それを正しく把握したとは言えない。


これは、あらためて組織変革における問題解決の六大大陸がいかに広大な世界なのかを教えてくれる。

Recent Posts

See All

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル16

「フレームワークのジレンマ」 物事を視点に分けてとらえるフレームワークは、本来は考えるための道具であるにも関わらず、フレームワークを使うことで満足してしまい、考えることをやめてしまうと本末転倒になる。考えるための道具であるフレームワークを使うことによって、考えることをやめてしまうジレンマ。フレームワークは部屋(思考)の整理整頓(片付け)。スッキリして気分が良くなるが、大事なことは、整理整頓した後に

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル15

「学び方を学ぶ」 組織学習は、「料理教室方式」から「おばあちゃんの知恵袋方式」へと進化が求められる。ヨソ者(講師)から学ぶ前者は、ヨソ者がいる時しか学べないのに対して、自分たちで教訓を引き出し学ぶ後者は、日常業務のなかで常に学び続けることができる。学びの量は比較にならない。ここで言う「学び方」というのは、「計画」「実行」「振り返り」「教訓」のサイクルを組織全体で回すこと。学び方を学んだ組織は、自分

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル14

「意思決定力」 間違った意思決定を正しく実行すると、間違った結果になる。実行は意思決定に従う。意思決定は、 ①選択肢(なにを選ぶのか?) ②判断基準(どうやって選ぶのか?) ③タイミング(いつ選ぶのか?) の3つのポイントが大事。特に難しいのは③。意思決定のタイミングが早すぎると判断材料の収集が不十分になる場合もあれば、遅すぎると時すでに遅しで後戻りできない場合もある。

Commenti


bottom of page