• 佐藤 和弘

影響力のループという難問

「なんでこの問題が起こったの?」という問いは、組織の空気を知るためのリトマス試験紙になるかもしれません。


この問いを当事者に投げかけた時に、「すみませんでした」といった謝罪の言葉が返ってくるのであれば、ここで言う「なぜ?」という言葉を、本人は「責められている」と受け取ってしまっていると言えるからです。


本来、問題解決における「なぜ?」というのは、「犯人探し」ではなく「原因探し」をするために使う言葉です。それなのに、なぜ本人は、責められていると受け取ってしまうのでしょうか。


僕が考える答えはシンプルで、他の人も同じように、「なぜ?」という言葉を「責めるための言葉」としてとらえてしまっているからでしょう。つまり、「他の人がそう思うから、自分もそう思う」というラーメン屋の行列です。実際に他の人が責められている光景を普段から見ていれば、いざ自分が当事者になった時、同じようにとらえてしまうのも当然のことです。


そうして、AさんはBさんを観察することにより、そしてBさんはCさんを観察することにより、ラーメン屋の行列ができていく。


そしてもし、


Aさん 観察する↓↑影響を与える Bさん 観察する↓↑影響を与える Cさん 観察する↓↑影響を与える Aさん ・ ・ ・


といったように、影響力のループができてしまっているとすれば、全員が自分ではない誰か(他者)の影響を受けて判断を決めているとも言えますし、見方を変えれば、自分の判断を決めた他者の判断は、さかのぼれば自分の判断が影響を与えた結果とも言えることになります。


このことからもわかるように、影響力のループは奥が深いですね。そして、だからこそ、組織変革を行うためには、向き合わなければならない難問です。

Recent Posts

See All

先日は、玉名市包括支援センター主催のオンライン研修「チームを動かすノンテクニカルスキル研修」で講演しました。 全2回のシリーズで、第1回の今回のテーマは「最強の問題解決の技術」。 メインはもちろん問題解決プランを作成し学び合うセッションなのですが、一般論として、このようなセッションを通じて実感してもらいたいことは、やはり「共通言語」の大切さについてです。 例えば2W1Hが共通言語になっている議論(

先日は、北陸大学医療保健学部の科目「地域チーム論」において、「チーム医療に必要なノンテクニカルスキル」というテーマで講義しました。対象は臨床検査技師・臨床工学技士のダブルライセンス取得を目指す大学4年生で、講師はオンラインでの講義でした。 一般論として、医療者が現場のリアリズムを特に実感するタイミングはいくつかあるのでしょうか。例えば、現場スタッフ(プレーヤー)から管理者(マネジャー)になったタイ

リーダーが「あっちに行きましょう!」と旅の道筋を示した時、スタッフのフォロワーシップで大切なのは「一旦だまされたと思ってついて行ってみる」ことだと言えます。 結局、何が正しいかは実際にやってみなければわからないというのは、多くの人が納得することではないかと思います。「これはいける!」と思ったことが上手くいかなかったと思えば、「これは無理だろう・・・」と思ったことが案外上手くいったり。 もちろん、だ