top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

影響力のループという難問

Updated: Jan 28, 2023

「なんでこの問題が起こったの?」という問いは、組織の空気を知るためのリトマス試験紙になるかもしれません。


この問いを当事者に投げかけた時に、「すみませんでした」といった謝罪の言葉が返ってくるのであれば、ここで言う「なぜ?」という言葉を、本人は「責められている」と受け取ってしまっていると言えるからです。


本来、問題解決における「なぜ?」というのは、「犯人探し」ではなく「原因探し」をするために使う言葉です。それなのに、なぜ本人は、責められていると受け取ってしまうのでしょうか。


僕が考える答えはシンプルで、他の人も同じように、「なぜ?」という言葉を「責めるための言葉」としてとらえてしまっているからでしょう。つまり、「他の人がそう思うから、自分もそう思う」というラーメン屋の行列です。実際に他の人が責められている光景を普段から見ていれば、いざ自分が当事者になった時、同じようにとらえてしまうのも当然のことです。


そうして、AさんはBさんを観察することにより、そしてBさんはCさんを観察することにより、ラーメン屋の行列ができていく。


そしてもし、


Aさん 観察する↓↑影響を与える Bさん 観察する↓↑影響を与える Cさん 観察する↓↑影響を与える Aさん


といったように、影響力のループができてしまっているとすれば、全員が自分ではない誰か(他者)の影響を受けて判断を決めているとも言えますし、見方を変えれば、自分の判断を決めた他者の判断は、さかのぼれば自分の判断が影響を与えた結果とも言えることになります。


このことからもわかるように、影響力のループは奥が深いですね。そして、だからこそ、組織変革を行うためには、向き合わなければならない難問です。

Recent Posts

See All

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル37

「半径5メートルのプレゼンテーションスキルとあの手この手力」 プレゼンテーションスキルとは、講演や発表といった特別な舞台だけでなく、現場業務という日常の舞台においても重要になるスキルである。プレゼンテーションスキルを現場の半径5メートルの視点で考えた場合、ある説明に関して、難しい内容を日常の出来事でわかりやすく表現し直してみる力(例える力)や、相手との共通点を押さえたうえで、その文脈を通じて伝えた

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル36

「一般化する力と一般化しない力」 複雑な物事を理解するためには、その物事を代表的な言葉で言い表す「一般化」が重要。その一般化された言葉を軸にすれば、さまざまな出来事に対応しやすくなる。一方で、複数な物事を代表的な言葉で言い表すという行為によって、さまざまな個別の情報がこぼれ落ちてしまい、「皆に当てはまるようで、実は誰にも当てはまらない」といった結果になりなねない。だからこそ、一般化する力と一般化し

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル35

「キレイゴトとリアリズムの間」 キレイゴトだけでは現実感を持てないが、リアリズムだけでは希望を持てない。最善の答えは、キレイゴトとリアリズムの間にある。キレイゴトをかかげる場合はリアリズムにも引き寄せ、リアリズムをかかげる場合はキレイゴトにも引き寄せる、絶妙なバランス感覚が求められるが、必ずしも1人でバランスを取る必要はない。立場や性格などを勘案しながら、自分と他者とでキレイゴト役とリアリズム役を

Commentaires


bottom of page