• 佐藤 和弘

意思決定とは、いかに正しい選択肢の中から正しく選ぶか

意思決定とは、いかに正しい選択肢の中から正しく選ぶかである。これは、問題解決の六大大陸で整理するとよくわかる。


選択肢は【対策】案に当たるが、その【対策】案自体が正しいのかどうか、そしてどの【対策】を選ぶのが正しいのかどうかは、本当の【問題】は何かが明らかになっていなければ、わかるはずがない。


【現状】における表面的な現象、しかもその一部だけを見て、さらに【あるべき姿】も描かずに、単に目についた【問題】らしきものに対して、それを健全に疑いもせず、しかも【原因】もろくに洗い出さずに、適当に【対策】を挙げて終わり。そもそも、【目的】も押さえない。


それで問題解決を考えたつもりになって「何も変わらない」と嘆いても、「そりゃそうでしょ」と言わざるを得ない。それは、残念ながら(本当の)【問題】を先送りしていることであり、現状満足していることに等しい。


この厳しい現実に向き合わなければならない。

Recent Posts

See All

有事のリーダーシップと「成功体験と習慣化」

平時の制度は有事には通用しない。だが、平時に制度化されたことには、そうすることが良いと判断した成功体験があったからであるから、制度を変えることに対して、組織の人たちからの不安や反発があることは、容易に想像がつく。 さらに、制度は「行動の仕組み化」であるので、制度によって長年の行動が習慣化されてしまうと、頭ではわかっていても、行動変容することが難しくなってしまう。 平時にはマネジメントが、有事にはリ

有事の中の平時にいるリーダーの、有事標準のリーダーシップ

有事の状況であっても、それが実際に自分たちの半径5メートルの中に入ってこない限り、行動すべきことはそれほど大きく変わらない。それは、平時の状況の時から「基本」と言われてきたことを、ただ粛々を行動し続けることである。 だから、もし組織の人たちが相当な「異常」な行動を取らざるを得なくなった時には、すでに半径5メートルの中に有事が入り込んでしまっていることを意味する。 有事と一言で言っても、「戦争」体験