top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

愛知県臨床工学技士会第17回学術大会の特別講演でお話ししました

Updated: Jan 28, 2023


愛知県臨床工学技士会第17回学術大会の特別講演でお話ししました。テーマは「未来を支えるノンテクニカルスキルを身に付ける」。


「『あるべき姿』を描くことは『未来』を描くこと」と言えるため、テーマに応じて、いつもよりも「あるべき姿」に注目してみました。


一般論として。あるべき姿とは、旅の「目的地」に当たります。不確実性の高い時代において、あるべき姿を描くことはますます難しくなっていると言えます。一方で、どうなるかわからない未来に対して不安に思えば思うほど、人はあるべき姿を求めるのだと思います。それは、個人はもちろんですが、組織ではなおさらかもしれません。


これから本格的に訪れるであろうweb3の時代。その1つの象徴である、新しい組織の形であるDAO(自律分散型組織)においては、特にビジョンが重要になるととらえています。


そして、ビジョンとは、まさに組織のあるべき姿。ますます、映像レベルで具体的にあるべき姿を描く力が求められますね。

Recent Posts

See All

Magic Shiels主催オンラインセミナーで講演しました

昨日は、Magic Shiels主催オンラインセミナーで講演しました。先月の基本編に続き、医療安全のためのノンテクニカルスキル導入編。組織変革と空気のマネジメントについてや、ノンテクニカルスキルを組織に導入するための仕組みづくりのポイント、生成AIとノンテクニカルスキルの関係性などについてお伝えしました。 組織変革と空気のマネジメントに関連するのですが、「逆ドミノ倒し現象」と呼んでいる考え方があり

Magic Shields主催オンラインセミナーで講演しました。

先日は、Magic Shields主催オンラインセミナーで講演しました。テーマは「医療安全のためのノンテクニカルスキル基本編」。 いつもノンテクニカルスキルの4つの領域としてお伝えしている「考える力」「伝える力」「決める力」「動かす力」。医療安全においても、 【考える力】 思い込み 思い間違い 認識間違い など 【伝える力】 伝え間違い(伝達ミス) 伝えたのに伝わらなかった など 【決める力】 組

Comments


bottom of page