• 佐藤 和弘

文字や言葉ではビジョンを描くことはできない




【あるべき姿】は文字や言葉では表現できない。なぜならば、【あるべき姿】とは、あくまでも現実世界(映像の世界)であるからだ。


例えば、ディズニーランドに行く人たちの【目的】は、「夢と魔法の国で楽しみたい」である。これは、願望であり概念の世界だ。


一方で、それを実現する目的地、つまり【あるべき姿】であるディズニーランドは、このような現実世界(映像の世界)である。 https://youtu.be/Knoqi57egUo


今、【あるべき姿】を映像で示した。一言も文字や言葉を使っていない。今一度整理する。


【目的】「夢と魔法の国で楽しみたい」 【あるべき姿】https://youtu.be/Knoqi57egUo


これが、【目的】と【あるべき姿】の違いある。ちなみに、「目標」と【あるべき姿】の違いは以下になる。


目標「ミッキーに会う」「エレクトリカルパレードを観る」「アトラクションに10個以上乗る」「8時間以上は滞在する」 【あるべき姿】https://youtu.be/Knoqi57egUo


おそらく、全国の様々な医療機関や介護施設のリーダーは、ビジョンをどんな文字や言葉で表現したらよいか、苦労しているだろう。だが、実は前提が間違っている。そもそも文字や言葉ではビジョンを描くことはできないのである。

Recent Posts

See All

「誰から学ぶのか?」から脱却するための自己紹介の定番のセリフ

講演で自己紹介を終える際に、定番と言ってもいいセリフがあります。それは、「僕が誰かというのは重要じゃなくて・・・」というセリフです。 たしかに、一般的に教育において、「誰から学ぶのか?」という視点は大事です。ただ、僕が提供しているノンテクニカルスキルの組織学習において大事なことは、あくまでも「誰と学ぶのか?」であり「何を学ぶのか?」であり「どのように学ぶのか?」です。 なぜならば、当然ながら現場の

組織の2:6:2の法則は個性のマネジメント

変革リーダーが自ら迷子にならないための羅針盤である組織の2:6:2の法則。僕はこれらを推進派、慎重派、抵抗派と呼んでいますが、このように分けると、ともすると善し悪しでとらえてしまうかもしれません。しかし、組織の2:6:2の法則は、善し悪しではなく、「人は本来弱い生き物である」という前提で使わなければ、リーダー自身が迷子にならないための羅針盤でありながら、その羅針盤を使うことによって迷子になってしま