• 佐藤 和弘

文字や言葉ではビジョンを描くことはできない




【あるべき姿】は文字や言葉では表現できない。なぜならば、【あるべき姿】とは、あくまでも現実世界(映像の世界)であるからだ。


例えば、ディズニーランドに行く人たちの【目的】は、「夢と魔法の国で楽しみたい」である。これは、願望であり概念の世界だ。


一方で、それを実現する目的地、つまり【あるべき姿】であるディズニーランドは、このような現実世界(映像の世界)である。 https://youtu.be/Knoqi57egUo


今、【あるべき姿】を映像で示した。一言も文字や言葉を使っていない。今一度整理する。


【目的】「夢と魔法の国で楽しみたい」 【あるべき姿】https://youtu.be/Knoqi57egUo


これが、【目的】と【あるべき姿】の違いある。ちなみに、「目標」と【あるべき姿】の違いは以下になる。


目標「ミッキーに会う」「エレクトリカルパレードを観る」「アトラクションに10個以上乗る」「8時間以上は滞在する」 【あるべき姿】https://youtu.be/Knoqi57egUo


おそらく、全国の様々な医療機関や介護施設のリーダーは、ビジョンをどんな文字や言葉で表現したらよいか、苦労しているだろう。だが、実は前提が間違っている。そもそも文字や言葉ではビジョンを描くことはできないのである。

Recent Posts

See All

有事のリーダーシップと「成功体験と習慣化」

平時の制度は有事には通用しない。だが、平時に制度化されたことには、そうすることが良いと判断した成功体験があったからであるから、制度を変えることに対して、組織の人たちからの不安や反発があることは、容易に想像がつく。 さらに、制度は「行動の仕組み化」であるので、制度によって長年の行動が習慣化されてしまうと、頭ではわかっていても、行動変容することが難しくなってしまう。 平時にはマネジメントが、有事にはリ

有事の中の平時にいるリーダーの、有事標準のリーダーシップ

有事の状況であっても、それが実際に自分たちの半径5メートルの中に入ってこない限り、行動すべきことはそれほど大きく変わらない。それは、平時の状況の時から「基本」と言われてきたことを、ただ粛々を行動し続けることである。 だから、もし組織の人たちが相当な「異常」な行動を取らざるを得なくなった時には、すでに半径5メートルの中に有事が入り込んでしまっていることを意味する。 有事と一言で言っても、「戦争」体験

© 2013 by Kazuhiro Sato