• 佐藤 和弘

新しい取り組みは、長時間の口頭説明より短時間の体験説明

「百聞は一見にしかずですので、実際に体験いただきながら説明します」双方向オンライン組織学習へと変化に適応するために提案していること。


新しい取り組みは、当事者の立場での理解を促すため、長時間の口頭説明より短時間の体験説明を。

© 2013 by Kazuhiro Sato