• 佐藤 和弘

日総研主催無料オンラインセミナーで講演


時間が20時-21時というのも、リアルでの時間的制約から解放できるオンラインの恩恵。たくさんの方々にご参加いただいた。

「論理的に考え伝える一番シンプルな技術」をテーマにノンテクニカルスキルを学んだ1時間は、チャット欄の嵐。何百?というチャットのコメント数の総量は、オンラインの「全員が同時に話し手になれる」価値であり、1人が話すと他の全員が聞き手になってしまうリアルでは実現できない価値である。

しかも、リアルと違って言語化された意見がチャット欄に残り続けるので、他者の意見から学びを深めたり、自分の意見との共通点と相違点から気づきを得ることもできる。

一方で、オンラインとリアルの共通点は、「学びは自分の事例に引き寄せる」ことの重要性。自分の半径5メートルに引き寄せて初めて、学びは当事者意識へと結びついていく。

最後は、「有事(非連続)の変化に適応する医療教育」のために、双方向型オンライン学習の提案。百聞は一見にしかずで体感した参加者の方々は、きっとこのことを実感したはず。

Recent Posts

See All

先日は、玉名市包括支援センター主催のオンライン研修「チームを動かすノンテクニカルスキル研修」で講演しました。 全2回のシリーズで、第1回の今回のテーマは「最強の問題解決の技術」。 メインはもちろん問題解決プランを作成し学び合うセッションなのですが、一般論として、このようなセッションを通じて実感してもらいたいことは、やはり「共通言語」の大切さについてです。 例えば2W1Hが共通言語になっている議論(

先日は、北陸大学医療保健学部の科目「地域チーム論」において、「チーム医療に必要なノンテクニカルスキル」というテーマで講義しました。対象は臨床検査技師・臨床工学技士のダブルライセンス取得を目指す大学4年生で、講師はオンラインでの講義でした。 一般論として、医療者が現場のリアリズムを特に実感するタイミングはいくつかあるのでしょうか。例えば、現場スタッフ(プレーヤー)から管理者(マネジャー)になったタイ

リーダーが「あっちに行きましょう!」と旅の道筋を示した時、スタッフのフォロワーシップで大切なのは「一旦だまされたと思ってついて行ってみる」ことだと言えます。 結局、何が正しいかは実際にやってみなければわからないというのは、多くの人が納得することではないかと思います。「これはいける!」と思ったことが上手くいかなかったと思えば、「これは無理だろう・・・」と思ったことが案外上手くいったり。 もちろん、だ