• 佐藤 和弘

有事のなかの平時でも、スモールウィンが大切

物事は「痛みが先、成果は後」。特に有事においては、痛みが強く、成果が遅い。


当事者からすると、痛みが強過ぎれば成果を期待する余裕はないが、成果を期待できなければ痛みに耐えられない。


有事のなかの平時でも、スモールウィンが大切。

© 2013 by Kazuhiro Sato