• 佐藤 和弘

有事のリーダーシップにおいて大事な3つのこと

有事のリーダーシップにおいて大事な3つのこと。


1つ目は、「誰よりもリーダー自身が危機感を体現する」こと。

有事の状況でありながら、そもそもそれを実感できなければ、スタッフは当然ながら平時と同様の行動を取る。この「有事の中の平時」に陥らないためには、リーダー自身があらゆる手段で健全に危機感を演出しなければならない。リーダーが危機感を言動に表していなければ、スタッフに危機感が生まれるはずがない。ただ、有事は振り返ってあれは有事だったと実感するもの。「だから、あの人あの時からあんなこと言ってたんだ」とスタッフに実感してもらうまで、狼少年になることをいとわない。


2つ目は、「有事のうちから平時の準備をしておく」こと。

もちろん、優先順位が高いのは、有事自体への最大限の対応(問題解決)。だが、その中においても、平時に戻った後で、この有事からいかに教訓を学ぶかを想定しておく。教材(事例)がなければ教訓を引き出せない。今後も様々な有事が起こる。平時は有事と有事の間にある「有事休息期間」。その有事休息期間での行動が、未来の有事への行動の源泉となる。


3つ目は、「過去の有事から組織で学ぶ」こと。

有事と一言で言っても、様々な天災や人災がある。当然ながら、そこには多くの「相違点」があるが、一方で多くの「共通点」もある。リーダーシップと言う以上、その対象はあくまでも人間。ある有事に遭遇した人間の喜怒哀楽や判断、その人間が集まりできた組織の生態から学べることは、あまりにも多い。もちろん、それは平時のうちから常に学んでおくべき。だが、今が1番早いのだから、有事の中の一瞬の時間を最大限活用して、今こそ過去の有事の教訓を組織で学び、即今の有事の問題解決に生かす。

Recent Posts

See All

北陸大学医療保健学部で2回目の双方向型オンライン講義

9月に続き、北陸大学医療保健学部で2回目の双方向型オンライン講義をしました。対象は臨床検査技師と臨床工学技士のダブルライセンス取得を目指す学生の方々。 実は、これらの職種は、医療が非連続的な変化に適応するうえで、脚光を浴びる職種と言えます。臨床検査技師は、withコロナ時代の変化に適応するため、そして医療エンジニアである臨床工学技士は、テクノロジー時代の変化に適応するために重要な職種だからです。そ

© 2013 by Kazuhiro Sato