• 佐藤 和弘

有事のリーダーシップにおいて大事な3つのこと

有事のリーダーシップにおいて大事な3つのこと。


1つ目は、「誰よりもリーダー自身が危機感を体現する」こと。

有事の状況でありながら、そもそもそれを実感できなければ、スタッフは当然ながら平時と同様の行動を取る。この「有事の中の平時」に陥らないためには、リーダー自身があらゆる手段で健全に危機感を演出しなければならない。リーダーが危機感を言動に表していなければ、スタッフに危機感が生まれるはずがない。ただ、有事は振り返ってあれは有事だったと実感するもの。「だから、あの人あの時からあんなこと言ってたんだ」とスタッフに実感してもらうまで、狼少年になることをいとわない。


2つ目は、「有事のうちから平時の準備をしておく」こと。

もちろん、優先順位が高いのは、有事自体への最大限の対応(問題解決)。だが、その中においても、平時に戻った後で、この有事からいかに教訓を学ぶかを想定しておく。教材(事例)がなければ教訓を引き出せない。今後も様々な有事が起こる。平時は有事と有事の間にある「有事休息期間」。その有事休息期間での行動が、未来の有事への行動の源泉となる。


3つ目は、「過去の有事から組織で学ぶ」こと。

有事と一言で言っても、様々な天災や人災がある。当然ながら、そこには多くの「相違点」があるが、一方で多くの「共通点」もある。リーダーシップと言う以上、その対象はあくまでも人間。ある有事に遭遇した人間の喜怒哀楽や判断、その人間が集まりできた組織の生態から学べることは、あまりにも多い。もちろん、それは平時のうちから常に学んでおくべき。だが、今が1番早いのだから、有事の中の一瞬の時間を最大限活用して、今こそ過去の有事の教訓を組織で学び、即今の有事の問題解決に生かす。

Recent Posts

See All

メタバースという流行り言葉の背景には、「非現実世界(バーチャル)を現実世界(リアル)に近づけていきたい」という、人間の自然な欲求があるように思います。 あくまでも、僕らが日々生活しているのは、今この瞬間も目の前に見えている現実世界であり、いかにこの現実世界を心身ともに豊かに過ごすかは、誰しもが関心を持つことだと言えます。 その上で、テクノロジーの進化によって、従来の文字や音声の世界から、画像や動画

「問題を正しく解決するよりも、正しい問題を解決することが大事」 もちろん、「問題を正しく解決する」ことも「正しい問題を解決する」ことも、両方大事です。ただ、正しい問題において間違った対策を実行すれば「解決できなかった」だけで終わるかもしれませんが、間違った問題を正しく解決しようとしてしまうと、本当の問題が解決しないだけでなく、それによって別の問題が起こってしまうかもしれません。その意味では、上記の

昨今、「パーパス(経営)」といった言葉が流行っています。「存在意義」と訳されることもあるパーパスですが、これは本来は「目的」という意味になります。経営単位であれ個別業務単位であれ、ある活動は目的を実現するための手段ですから、「何のためにその活動を行うのか?」という目的を押さえることは、これまでも、そしてこれからも重要であり、本来は普遍的なことです。 では、なぜ、このような整理をしたのかというと、と