• 佐藤 和弘

有事の中の平時にいるリーダーの、有事標準のリーダーシップ

有事の状況であっても、それが実際に自分たちの半径5メートルの中に入ってこない限り、行動すべきことはそれほど大きく変わらない。それは、平時の状況の時から「基本」と言われてきたことを、ただ粛々を行動し続けることである。


だから、もし組織の人たちが相当な「異常」な行動を取らざるを得なくなった時には、すでに半径5メートルの中に有事が入り込んでしまっていることを意味する。


有事と一言で言っても、「戦争」体験と「戦場」体験の違いのように、半径5メートルの外と中では見える景色は別世界である。過去の有事を学べば学ぶほど、後者の世界は本当に過酷で厳しく苦しい。


有事になってしまった以上は、「なんであの時から、有事を想定して準備しておかなかったのだろう」と悔やんでも、過去の平時には戻れない。ならばせめて、有事が半径5メートルの中に入ってくる前に、徹底的に「基本」の行動を取るための仕組みづくりと動機づけを行うとともに、実際に有事が半径5メートルの中に入ってきた時を想定し、問題解決すべきことを徹底的に実行し準備をしておく。


これが、有事の中の平時にいるリーダーの、有事標準のリーダーシップといえる。

Recent Posts

See All

「誰から学ぶのか?」から脱却するための自己紹介の定番のセリフ

講演で自己紹介を終える際に、定番と言ってもいいセリフがあります。それは、「僕が誰かというのは重要じゃなくて・・・」というセリフです。 たしかに、一般的に教育において、「誰から学ぶのか?」という視点は大事です。ただ、僕が提供しているノンテクニカルスキルの組織学習において大事なことは、あくまでも「誰と学ぶのか?」であり「何を学ぶのか?」であり「どのように学ぶのか?」です。 なぜならば、当然ながら現場の

組織の2:6:2の法則は個性のマネジメント

変革リーダーが自ら迷子にならないための羅針盤である組織の2:6:2の法則。僕はこれらを推進派、慎重派、抵抗派と呼んでいますが、このように分けると、ともすると善し悪しでとらえてしまうかもしれません。しかし、組織の2:6:2の法則は、善し悪しではなく、「人は本来弱い生き物である」という前提で使わなければ、リーダー自身が迷子にならないための羅針盤でありながら、その羅針盤を使うことによって迷子になってしま