• 佐藤 和弘

有事標準のリーダーは、平時でも有事でも報われない

有事標準のリーダーは平時では報われない。


アレもコレもを選べる平時において、アレかコレかを選ぶような決断を行わざるを得ない状況は、確かにイメージしにくい。だから、リーダーが時折口にする有事標準の言葉は、組織の人たちには届かない。


さらに、ただ届かないだけならまだしも、変人(変わった人)扱いされたり、オオカミ少年扱いされるどころか、「せっかく(組織が)明るく仲の良い雰囲気なのに、水を差すようなことを言わないでください」と批判すらされてしまいかねない。


一方、平時における有事標準の言葉は、実際の有事に遭遇すれば組織の人たちに届くが、だからといってリーダーはやはり報われない。


有事においても、いや有事だからこそ、リーダーには率先垂範力が求められる。不確実性が高く、右に行くべきか左に行くべきか、その正解を誰も知らないなかでは、皆怖くて一歩を踏み出すことはできない。だから、勇気があろうがなかろうが、リーダーが率先垂範で一歩を踏み出し、手本を見せなければならない。これは、本人にとっては過酷そのものである。

加えて、Aを選んでもBを選んでも不幸な結果になるかもしれない二者択一のなかで、その両方の立場の人たちの顔が見える中で、厳しい決断を迫られる。その決断が正しいかどうかは歴史を振り返らなければわからず、一方で組織の人たちは今この瞬間の行動が正しいかどうかを知りたいとリーダーに問う。


このように、有事標準のリーダーは、平時でも有事でも報われない。それでもなお、その立場に身を置く以上は、それを覚悟するしかない。

Recent Posts

See All

メタバースという流行り言葉の背景には、「非現実世界(バーチャル)を現実世界(リアル)に近づけていきたい」という、人間の自然な欲求があるように思います。 あくまでも、僕らが日々生活しているのは、今この瞬間も目の前に見えている現実世界であり、いかにこの現実世界を心身ともに豊かに過ごすかは、誰しもが関心を持つことだと言えます。 その上で、テクノロジーの進化によって、従来の文字や音声の世界から、画像や動画

「問題を正しく解決するよりも、正しい問題を解決することが大事」 もちろん、「問題を正しく解決する」ことも「正しい問題を解決する」ことも、両方大事です。ただ、正しい問題において間違った対策を実行すれば「解決できなかった」だけで終わるかもしれませんが、間違った問題を正しく解決しようとしてしまうと、本当の問題が解決しないだけでなく、それによって別の問題が起こってしまうかもしれません。その意味では、上記の

昨今、「パーパス(経営)」といった言葉が流行っています。「存在意義」と訳されることもあるパーパスですが、これは本来は「目的」という意味になります。経営単位であれ個別業務単位であれ、ある活動は目的を実現するための手段ですから、「何のためにその活動を行うのか?」という目的を押さえることは、これまでも、そしてこれからも重要であり、本来は普遍的なことです。 では、なぜ、このような整理をしたのかというと、と