• 佐藤 和弘

有事標準のリーダーは、平時でも有事でも報われない

有事標準のリーダーは平時では報われない。


アレもコレもを選べる平時において、アレかコレかを選ぶような決断を行わざるを得ない状況は、確かにイメージしにくい。だから、リーダーが時折口にする有事標準の言葉は、組織の人たちには届かない。


さらに、ただ届かないだけならまだしも、変人(変わった人)扱いされたり、オオカミ少年扱いされるどころか、「せっかく(組織が)明るく仲の良い雰囲気なのに、水を差すようなことを言わないでください」と批判すらされてしまいかねない。


一方、平時における有事標準の言葉は、実際の有事に遭遇すれば組織の人たちに届くが、だからといってリーダーはやはり報われない。


有事においても、いや有事だからこそ、リーダーには率先垂範力が求められる。不確実性が高く、右に行くべきか左に行くべきか、その正解を誰も知らないなかでは、皆怖くて一歩を踏み出すことはできない。だから、勇気があろうがなかろうが、リーダーが率先垂範で一歩を踏み出し、手本を見せなければならない。これは、本人にとっては過酷そのものである。

加えて、Aを選んでもBを選んでも不幸な結果になるかもしれない二者択一のなかで、その両方の立場の人たちの顔が見える中で、厳しい決断を迫られる。その決断が正しいかどうかは歴史を振り返らなければわからず、一方で組織の人たちは今この瞬間の行動が正しいかどうかを知りたいとリーダーに問う。


このように、有事標準のリーダーは、平時でも有事でも報われない。それでもなお、その立場に身を置く以上は、それを覚悟するしかない。

Recent Posts

See All

有事のリーダーシップと「成功体験と習慣化」

平時の制度は有事には通用しない。だが、平時に制度化されたことには、そうすることが良いと判断した成功体験があったからであるから、制度を変えることに対して、組織の人たちからの不安や反発があることは、容易に想像がつく。 さらに、制度は「行動の仕組み化」であるので、制度によって長年の行動が習慣化されてしまうと、頭ではわかっていても、行動変容することが難しくなってしまう。 平時にはマネジメントが、有事にはリ

有事の中の平時にいるリーダーの、有事標準のリーダーシップ

有事の状況であっても、それが実際に自分たちの半径5メートルの中に入ってこない限り、行動すべきことはそれほど大きく変わらない。それは、平時の状況の時から「基本」と言われてきたことを、ただ粛々を行動し続けることである。 だから、もし組織の人たちが相当な「異常」な行動を取らざるを得なくなった時には、すでに半径5メートルの中に有事が入り込んでしまっていることを意味する。 有事と一言で言っても、「戦争」体験

© 2013 by Kazuhiro Sato