top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

「有難い言葉」ではなく「日常の言葉」を使う

その業界で有名な◯◯先生の言葉にはパワーがあります。したがって、


「私の考えは間違ってなかった!だって、◯◯先生も同じように言ってるから!」


といったように自分の考えを強固にしたり、


「なるほど!そんなふうに考えたことがなかった!」


といったように新たな気づきを得るために、有名な◯◯先生の言葉に触れることは重要です。


一方で、そのような「ありがたい言葉」は、有名な◯◯先生だから言える言葉だととらえると、「有難い言葉」とも言えます。つまり、


「◯◯先生は特別だから言えることだけど、私は・・・

「◯◯先生の施設だからできることだけど、私の施設は・・・」


このように、実際に自組織の半径5メートルに引き寄せようとすると、有名な◯◯先生の言葉だからこそ取り入れることが難しい、見方を変えれば、自組織には取り入れることができない(と考えてしまう)理由にも使われてしまいかねません。


その有名な◯◯先生にとってみれば、聴講者のそれぞれの現場に取り入れてもらいたい想いで自分の言葉を伝えているのに、自分の言葉が特別視されてしまうがゆえに現場に取り入れてもらうことができないというのは、悩ましいジレンマでしょう。


ただ、これは言い換えれば、有名な◯◯先生の言葉という「特別な言葉」を、自分たちが普段から自然に使っている「日常の言葉」に咀嚼・変換することが求められるということでもあります。これは、有名な◯◯先生という背景を切り離す作業でもあります。


もちろん、他者を説得する際に、権威というパワーを健全に活用することは有意義な選択肢です。


「これは、私の考えだけでなくて、◯◯先生も言っていることですから!」


ただ、その権威というパワーがむしろ組織の行動力を阻害してしまうのであれば、有難い言葉ではなく自分たちの日常の言葉を使い、その日常の言葉にパワーを与えていくことが大切になります。

Recent Posts

See All

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル39

【「日常の物事に例える力」 複雑な出来事をわかりやすく伝えるためには、日常の物事に例えてみる。普段から触れる機会の多い日常の物事は体感的に理解しているため、その体感的な理解を通じて、相手が複雑な出来事を理解しやすくなる。これは言わば、わかりやすく伝えるための「翻訳作業」。おすすめなのは以下の3つ。 ①「料理」に例えてみる (例)食材にあたるのが知識、調理の腕にあたるのが考える力 ②「乗り物」に例え

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル38

「生成AIの本質的価値と情理」 現場の問題解決において、生成AIを用いる本質的な価値は、人間のように自然な会話ができることでも、膨大な知識を基に論理的な文章を瞬時に生成できることでもなく、何か困った事態になったら「生成AIのせいにできる」ことにあると考えることができる。ある問題解決の議論において特定のスタッフにとって都合が悪い内容に触れざるを得ない場合も、「これは私の意見ではなくて、あくまでも生成

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル37

「半径5メートルのプレゼンテーションスキルとあの手この手力」 プレゼンテーションスキルとは、講演や発表といった特別な舞台だけでなく、現場業務という日常の舞台においても重要になるスキルである。プレゼンテーションスキルを現場の半径5メートルの視点で考えた場合、ある説明に関して、難しい内容を日常の出来事でわかりやすく表現し直してみる力(例える力)や、相手との共通点を押さえたうえで、その文脈を通じて伝えた

Comments


bottom of page