• 佐藤 和弘

東三河看護専門学校同窓会で講演

Updated: Jul 11, 2019


まずは、最近のお約束のVUCA→PESTで医療エンジニアからAIの「目の革命」の動画を参考に提示して医療の未来を妄想してもらい、そこから「変化に適応する組織」への変革の話について。


料理の2点セットを学び試食をつくったあとは、実は横文字大好きな医療において、SOAP、SBAR、SHEL、SWOT、BSC、RCA、Medical Saferは全ては四大大陸(【現状】【問題】【原因】【対策】)で整理ができることを問題解決シート2.0を使って示し、以下の気づきを共有。


「皆さん、見てください。これら全てに足りないところがありますよね?そう、【あるべき姿】を考えるところがないのです。これでわかることは、いかに医療が問題発見型の問題解決が前提になっているかということです」


最後は、皆さんが明日から空気に支配されたときに「これがムラの空気の支配か」とわかるように、空気の基本中の基本をさわりだけ紹介。


「太平洋戦争の最大の教訓は空気です。・・・。人はなぜ失敗を繰り返すのか。それはものの見事に過去から学ばないからです。語り継ぐ方々が少なくなるなか、太平洋戦争の話は『同時代史』から『歴史』になってしまいます。そうすると、あれだけの犠牲によって得た教訓が埋もれてしまう。私がそれを掘り返し、現代の医療や介護に翻訳して渡しますので、皆さんはそれを使っていってください」

Recent Posts

See All

群馬県病院局職員研修【ノンテクニカルスキル管理職編】で講演

群馬県病院局職員研修【ノンテクニカルスキル管理職編】で講演しました。研修方法は双方向型オンライン研修(分散ハイブリッド型)で、テーマは「人材マネジメントに必要な仕組みと問題解決」。 テクニカルスキルとノンテクニカルスキルの関係や問題解決とは何か、ノンテクニカルスキルの重要な個別スキル、2種類の問題解決、そして問題解決の六大大陸(世界地図)に関して確認し、人材マネジメントの全体像や空気のマネジメント

群馬県病院局職員研修【ノンテクニカルスキル基礎編】で講演

群馬県病院局職員研修【ノンテクニカルスキル基礎編】で講演しました。群馬県には、心臓血管センター、がんセンター、精神医療センター、小児医療センターの4つの県立病院があります。 研修方法は双方向型オンライン研修(分散ハイブリッド型)、テーマは「ノンテクニカルスキルの基本的な考え方と医療現場での使い方」ー多職種で学ぶ組織で問題解決する技術ー。 ノンテクニカルスキルの重要な個別スキルを学び、グループで問題