• 佐藤 和弘

某医療機関リーダー研修Day18で講演


こちらは、前回から本格的に組織学習(学びのPDCA)を自分たちで行う段階へと進化。前回も伝えたが、ヨソ者が一貫してやっていることは、「魚(知恵)を渡す」のではなく「魚の釣り方を教える」こと。それもまた、釣り竿を投げるたびに、実際にどんな魚が釣れたのかを確認し続けながら、少しずつ釣り方のコツ(教訓)を得ていく繰り返しである。


だが、大事なことは、何事も「基本」を押さえることである。したがって、研修日直前になって、ヨソ者が組織学習の設計の基本に関する「お昼の課外授業」を無茶振り。研修前に教育に携わるスタッフの方々に集まってもらい、組織学習のための組織学習ではなく、人材マネジメントにおける組織学習の位置づけや、問題解決の六大大陸を用いた組織学習の設計の方法、その【対策】としての気づきを生み出す手法(知的空腹状態をつくる)まで、網羅的にレクチャーした。


リーダー研修では、今回の教育担当のスタッフの方々がファシリテートしながら、ある事例を問題解決の五大大陸を使って振り返るセッション。組織学習もまた、「事前の準備で勝負は決まる」世界。それに関して、教育担当のスタッフの方々は、事前に教育の【目的】や【あるべき姿】を明確にしながら設計し、上手くファシリテートしながら参加者の方々の議論を導き着地させる「映画の伏線回収」を見事に実施していた。


リーダー研修後は、全体研修でスモールウィン発表会を開催。あらゆる部署が様々な問題解決のアイデアを立案・実行していた内容の素晴らしさもさることながら、動画や掛け合いなどを用いた質の高いプレゼンテーションを披露していた。


発表後は、後ろで見ていたヨソ者からメッセージ。


「これからは『アイデア』の時代です。そのアイデアを考えるうえで、ぜひテクノロジーを活用してください。例えば、このスマホを落としたとして、それが誰のものかは確実にわかります。顔認証すれば僕(の顔)しか開けることはできないからです」

「もし、このようなテクノロジーが現場にあったら、どんな【あるべき姿】が描けますか?」

「このように、【あるべき姿】を描く力が、現場の半径5メートルを変えていくんです」


最後は、「夜の課外授業」を変革リーダーの方々と。ヨソ者はこれからの長旅の道標をつくるお手伝いをしながら、所々で昭和史からの教訓のおすそ分け。医療現場の変革リーダーに歴史を学びましょうとは言わない。それはヨソ者が担い、過去の教訓を現在、そして未来の医療に生かせるように翻訳し、それを変革リーダーや現場スタッフの方々が使い倒せば良いのである。

Recent Posts

See All

先日は、玉名市包括支援センター主催のオンライン研修「チームを動かすノンテクニカルスキル研修」で講演しました。 全2回のシリーズで、第1回の今回のテーマは「最強の問題解決の技術」。 メインはもちろん問題解決プランを作成し学び合うセッションなのですが、一般論として、このようなセッションを通じて実感してもらいたいことは、やはり「共通言語」の大切さについてです。 例えば2W1Hが共通言語になっている議論(

先日は、北陸大学医療保健学部の科目「地域チーム論」において、「チーム医療に必要なノンテクニカルスキル」というテーマで講義しました。対象は臨床検査技師・臨床工学技士のダブルライセンス取得を目指す大学4年生で、講師はオンラインでの講義でした。 一般論として、医療者が現場のリアリズムを特に実感するタイミングはいくつかあるのでしょうか。例えば、現場スタッフ(プレーヤー)から管理者(マネジャー)になったタイ

現在、ノンテクニカルスキルの双方向型オンラインセミナーをシリーズで構想しています。 2W1Hなどの基本的な個別スキルだけでなく、問題解決の六大大陸や人材マネジメントの全体像、組織変革と空気のマネジメント、双方向型オンライン研修の方法など、さまざまなテーマをご用意しようと考えています。 基本的に、院内研修(組織学習)の場合は、「大事なことに順番を決める」、つまり組織で反復練習するために、個別スキルの