top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

流行り言葉を普遍的な言葉に翻訳してつなげる

昨今、「パーパス(経営)」といった言葉が流行っています。「存在意義」と訳されることもあるパーパスですが、これは本来は「目的」という意味になります。経営単位であれ個別業務単位であれ、ある活動は目的を実現するための手段ですから、「何のためにその活動を行うのか?」という目的を押さえることは、これまでも、そしてこれからも重要であり、本来は普遍的なことです。


では、なぜ、このような整理をしたのかというと、ともすると、「◯◯はもう古い!これからは△△だ!」といったように、流行り言葉として受け止められた言葉は、いずれ古い言葉だととらえてしまいかねないからです。


もちろん、「目的が大事だってことは、いろんな場面で聞くことなのでよくわかってます」といったように、当たり前すぎて逆に意識してもらえないことを防ぐために、意図的に流行り言葉を活用することは有意義でしょう。「最近はそんな言葉があるんだ!」といったように、流行り言葉を意識してもらえば、組織の中で共通認識を広めやすくなるかもしれません。


しかし、もし、その流行り言葉が組織に定着する前に古い言葉と受け取られてしまうと、「もう、その言葉って古いですよね」といったように、その事実自体が組織に定着させるうえでの壁になってしまいかねません。したがって、どのような流行り言葉を使ったとしても、その根底にある本質を組織に定着させるように、流行り言葉を普遍的な言葉に翻訳しておくことが大切になります。


これは、ノンテクニカルスキルのさまざまな個別スキルも例外ではありません。例えば、ノンテクニカルスキルの象徴的な個別スキルである「2W1H」も、字面を見れば、流行り言葉のように新しい言葉として受け止められるかもしれません。しかし、「問題」「原因」「対策」という言葉は普遍的な言葉であり、これらは古くならない言葉であるととらえるほうが自然です。であれば、たとえ2W1Hという言葉自体が古い言葉になったとしても、「問題解決は問題→原因→対策の順番で考えていく」ということが組織の中で共通言語(共通認識)として定着していれば良いのです。


ちなみに、「ノンテクニカルスキル」という言葉は、一見すると流行り言葉のように見えるかもしれませんが、実は普遍的な言葉だと言えます。なぜならば、医療スキルは、(大きく分けると)テクニカルスキル(専門技術)とノンテクニカルスキル(非専門技術)の2種類しかないからです。テクニカルスキルに対して、これ以上MECEになる表現はないですよね。ただ、万が一ノンテクニカルスキルという言葉が使われなくなったとしても、それぞれの個別スキルが普遍的な言葉として組織に定着していれば良い。


流行り言葉と普遍的な言葉。大事なことは、これらをつなげて認識していくことです。したがって、「最近◯◯という言葉が流行っているけど、これって昔からある△△という言葉と本質は同じかもしれない」といったように翻訳してとらえていくことがおすすめです。

Recent Posts

See All

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル37

「半径5メートルのプレゼンテーションスキルとあの手この手力」 プレゼンテーションスキルとは、講演や発表といった特別な舞台だけでなく、現場業務という日常の舞台においても重要になるスキルである。プレゼンテーションスキルを現場の半径5メートルの視点で考えた場合、ある説明に関して、難しい内容を日常の出来事でわかりやすく表現し直してみる力(例える力)や、相手との共通点を押さえたうえで、その文脈を通じて伝えた

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル36

「一般化する力と一般化しない力」 複雑な物事を理解するためには、その物事を代表的な言葉で言い表す「一般化」が重要。その一般化された言葉を軸にすれば、さまざまな出来事に対応しやすくなる。一方で、複数な物事を代表的な言葉で言い表すという行為によって、さまざまな個別の情報がこぼれ落ちてしまい、「皆に当てはまるようで、実は誰にも当てはまらない」といった結果になりなねない。だからこそ、一般化する力と一般化し

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル35

「キレイゴトとリアリズムの間」 キレイゴトだけでは現実感を持てないが、リアリズムだけでは希望を持てない。最善の答えは、キレイゴトとリアリズムの間にある。キレイゴトをかかげる場合はリアリズムにも引き寄せ、リアリズムをかかげる場合はキレイゴトにも引き寄せる、絶妙なバランス感覚が求められるが、必ずしも1人でバランスを取る必要はない。立場や性格などを勘案しながら、自分と他者とでキレイゴト役とリアリズム役を

Comments


bottom of page