• 佐藤 和弘

状況が異なるのに「こうすべきと学んだ」と盲目的に行動を決めてしまわない

他の事例を学ぶのは「ある状況の時、どう行動すべきか?」を判断するため。


だが肝心なのは、目の前の出来事が「本当にその状況と同様なのか?」を判断すること。


状況が異なるのに「こうすべきと学んだ」と盲目的に行動を決めてしまわない。

© 2013 by Kazuhiro Sato