top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

生成AIの理解は、中身よりも使い方

おそらく生成AIは「作る側」よりも「使う側」にあたる人のほうが圧倒的に多いはずで、現場医療者もまた、基本は後者にあたるという認識になるでしょう。


この投稿の文章を書いているスマホも、たとえ詳しい中身(構造)を知らなくても、使い方を知っていればメッセージを届けることができるように、生成AIを用いた医療現場の問題解決において大事なことは、あくまでも


「生成AIの理解は、中身よりも使い方」


ということを押さえておくことが、手段の目的化を防ぐ、つまり、生成AIの中身の理解を深めようとするあまり、いつの間にかそれ自体が目的化してしまい、肝心の問題解決に生かされないといったことを防ぐために大切だと言えます。


とはいえ、ある程度中身を理解することは、より良い使い方の理解につながりやすいでしょうし、生成AIを組織に導入していく際に、他者への説得力を高めるうえでも大切になるのではないかと思います。


なお、使う側としての生成AIにおいては


生成AI(大規模言語モデル)は何をしているのか? →次の単語を予測している


生成AIを使う際に大事なことは? →プロンプトを工夫する(例えば、タスクの説明や解き方*、考え方**を含める) →会話を繰り返す(人間側からフィードバックする)


生成AIを使ううえでの注意点は? →目的を押さえる(正しい答えを得たい?考え方の選択肢を増やしたい?) →個人情報や機密情報、知的財産(著作権など)の観点を踏まえたガイドラインの作成・運用


などを考慮しておくことが重要だと考えています。


*few-shot **Chain of Thought

Recent Posts

See All

群馬県病院局のノンテクニカルスキル新人編で講演しました

先日は、群馬県病院局(心臓血管センター、がんセンター、精神医療センター、小児医療センターの県立4病院)のノンテクニカルスキル新人編での講演のため、群馬県庁へ。 メインセッションは、問題解決プランの作成と学び合い。 「本当の答えは現場にしかない」 つまり、現場の半径5メートルを知る人しか本当の答えを見つけることはできないので、当然ながら、ヨソ者(講師)は本当の答えを伝えることはできません。できるのは

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル38

「生成AIの本質的価値と情理」 現場の問題解決において、生成AIを用いる本質的な価値は、人間のように自然な会話ができることでも、膨大な知識を基に論理的な文章を瞬時に生成できることでもなく、何か困った事態になったら「生成AIのせいにできる」ことにあると考えることができる。ある問題解決の議論において特定のスタッフにとって都合が悪い内容に触れざるを得ない場合も、「これは私の意見ではなくて、あくまでも生成

Comments


bottom of page