top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

益城町社会福祉協議会職員研修Day7で講演


益城町社会福祉協議会職員研修Day7で講演。これまでの熊本地震の被災者支援を行っている地域支え合いセンター対象の組織学習から、今回からは社協全体に拡大して組織学習を展開。


前半はこれまでの平時に関する問題解決事例を、先にノンテクを学んできた職員の方々がこれからノンテクを学ぶ職員の方々に向けて教える「学習する組織セッション」。平時といっても「通常業務」という意味であって、支援自体は震災という有事に関するものであり、もちろん事例は極めてリアルである。


後半は、現在の有事に関する教訓セッション。擬似的な有事休息期間である今だからこそ、これまでの取り組みを振り返り、教訓を引き出し、今後の有事に備える、想定外を想定内にする準備期間にしなければならない。


その「有事の教訓大全集(仮)」を組織でつくる学び合いの前には、有事標準のリーダーシップを推奨するヨソ者から、有事に関するレクチャー。平時モードから有事モードへと考え方を切り替えるために役立つ様々な視点を共有した。


熊本地震という有事と今回の有事の二重の有事を体験しているからこそ、「有事こそ組織能力として問題解決力が必要になる」ということを実感できるはず。

Recent Posts

See All

群馬県病院局のノンテクニカルスキル新人編で講演しました

先日は、群馬県病院局(心臓血管センター、がんセンター、精神医療センター、小児医療センターの県立4病院)のノンテクニカルスキル新人編での講演のため、群馬県庁へ。 メインセッションは、問題解決プランの作成と学び合い。 「本当の答えは現場にしかない」 つまり、現場の半径5メートルを知る人しか本当の答えを見つけることはできないので、当然ながら、ヨソ者(講師)は本当の答えを伝えることはできません。できるのは

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル39

【「日常の物事に例える力」 複雑な出来事をわかりやすく伝えるためには、日常の物事に例えてみる。普段から触れる機会の多い日常の物事は体感的に理解しているため、その体感的な理解を通じて、相手が複雑な出来事を理解しやすくなる。これは言わば、わかりやすく伝えるための「翻訳作業」。おすすめなのは以下の3つ。 ①「料理」に例えてみる (例)食材にあたるのが知識、調理の腕にあたるのが考える力 ②「乗り物」に例え

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル38

「生成AIの本質的価値と情理」 現場の問題解決において、生成AIを用いる本質的な価値は、人間のように自然な会話ができることでも、膨大な知識を基に論理的な文章を瞬時に生成できることでもなく、何か困った事態になったら「生成AIのせいにできる」ことにあると考えることができる。ある問題解決の議論において特定のスタッフにとって都合が悪い内容に触れざるを得ない場合も、「これは私の意見ではなくて、あくまでも生成

Comments


bottom of page