• 佐藤 和弘

益城町社会福祉協議会職員研修Day7で講演


益城町社会福祉協議会職員研修Day7で講演。これまでの熊本地震の被災者支援を行っている地域支え合いセンター対象の組織学習から、今回からは社協全体に拡大して組織学習を展開。


前半はこれまでの平時に関する問題解決事例を、先にノンテクを学んできた職員の方々がこれからノンテクを学ぶ職員の方々に向けて教える「学習する組織セッション」。平時といっても「通常業務」という意味であって、支援自体は震災という有事に関するものであり、もちろん事例は極めてリアルである。


後半は、現在の有事に関する教訓セッション。擬似的な有事休息期間である今だからこそ、これまでの取り組みを振り返り、教訓を引き出し、今後の有事に備える、想定外を想定内にする準備期間にしなければならない。


その「有事の教訓大全集(仮)」を組織でつくる学び合いの前には、有事標準のリーダーシップを推奨するヨソ者から、有事に関するレクチャー。平時モードから有事モードへと考え方を切り替えるために役立つ様々な視点を共有した。


熊本地震という有事と今回の有事の二重の有事を体験しているからこそ、「有事こそ組織能力として問題解決力が必要になる」ということを実感できるはず。

Recent Posts

See All

メタバースという流行り言葉の背景には、「非現実世界(バーチャル)を現実世界(リアル)に近づけていきたい」という、人間の自然な欲求があるように思います。 あくまでも、僕らが日々生活しているのは、今この瞬間も目の前に見えている現実世界であり、いかにこの現実世界を心身ともに豊かに過ごすかは、誰しもが関心を持つことだと言えます。 その上で、テクノロジーの進化によって、従来の文字や音声の世界から、画像や動画

「問題を正しく解決するよりも、正しい問題を解決することが大事」 もちろん、「問題を正しく解決する」ことも「正しい問題を解決する」ことも、両方大事です。ただ、正しい問題において間違った対策を実行すれば「解決できなかった」だけで終わるかもしれませんが、間違った問題を正しく解決しようとしてしまうと、本当の問題が解決しないだけでなく、それによって別の問題が起こってしまうかもしれません。その意味では、上記の

昨今、「パーパス(経営)」といった言葉が流行っています。「存在意義」と訳されることもあるパーパスですが、これは本来は「目的」という意味になります。経営単位であれ個別業務単位であれ、ある活動は目的を実現するための手段ですから、「何のためにその活動を行うのか?」という目的を押さえることは、これまでも、そしてこれからも重要であり、本来は普遍的なことです。 では、なぜ、このような整理をしたのかというと、と