• 佐藤 和弘

看護人材育成2・3月号「COVID-19影響下での新しい教育研修様式を学ぶ! 体験型で具体的に分かる!双方向型オンライン教育の設計と実践」連載第3回


看護人材育成2・3月号「COVID-19影響下での新しい教育研修様式を学ぶ! 体験型で具体的に分かる!双方向型オンライン教育の設計と実践」連載第3回のテーマは「『気づき』を生み出し『納得感』を高める教育プロセスの設計手法」。


「問題解決の考え方を学ぶ双方向型オンライン研修」を想定しながら、気づきを生み出し納得感を高めるためのシンプルな教育プロセスの設計手法として、僕が「ハングリー」と呼んでいる、「知的空腹状態」をつくる手法を具体的に紹介しています。


今回も、著者本人の朗読した音声データを通じて、聴いて学ぶこともできます。