• 佐藤 和弘

石川県臨床衛生検査技師会定期総会・講演会で講演


財務大臣政務官・参議院議員の方の特別講演がある豪華講演会。


今回は、「VUCA時代だからこそ、変化に適応する組織が生き残る」「PESTにおいて、特にテクノロジーが中心となって環境が変化していく」「変化に適応する組織とは、【あるべき姿】と【現状】のギャップを埋める組織である」という話から導入。


そして、美味しい料理作りの2点セット(2W1Hとビッグワード)を学ぶまでは、どの職種や分野でも同じ。だが、学びは自らの現場の事例に引き寄せる(自宅の冷蔵庫の食材を使って料理してみる)ことが大事であるから、講演前に司会担当の方と打ち合わせをし、現在、臨床検査技師の方々が置かれている環境において、共通する【問題】を設定・提示し、その問題解決を議論してもらった。


最後は「個人学習の限界」「現状満足の空気は排除の論理が働く」「ムラの空気の支配に抗う者は村八分に遭う」「空気を変える第一歩は共通言語づくりから」といった基本を伝えたあと、次の台詞で締めた。


「正しいことをやる、間違ったことをやらない、いや、間違ったことをやらざるを得ない状況になることを防ぐために、ムラの非公式の掟である空気のガバナンス、ムラの空気のガバナンスが重要なのです」


「そして、皆さん自身もまた、現場に帰ればムラの空気に支配されます。そこで行動に移せないのは、皆さんの意欲不足でも努力不足でも能力不足でもありません。それは空気のせいです。ですので、行動できないときは『空気に支配されてるな・・・』と思ってください」

Recent Posts

See All

先日は、玉名市包括支援センター主催のオンライン研修「チームを動かすノンテクニカルスキル研修」で講演しました。 全2回のシリーズで、第1回の今回のテーマは「最強の問題解決の技術」。 メインはもちろん問題解決プランを作成し学び合うセッションなのですが、一般論として、このようなセッションを通じて実感してもらいたいことは、やはり「共通言語」の大切さについてです。 例えば2W1Hが共通言語になっている議論(

先日は、北陸大学医療保健学部の科目「地域チーム論」において、「チーム医療に必要なノンテクニカルスキル」というテーマで講義しました。対象は臨床検査技師・臨床工学技士のダブルライセンス取得を目指す大学4年生で、講師はオンラインでの講義でした。 一般論として、医療者が現場のリアリズムを特に実感するタイミングはいくつかあるのでしょうか。例えば、現場スタッフ(プレーヤー)から管理者(マネジャー)になったタイ

現在、ノンテクニカルスキルの双方向型オンラインセミナーをシリーズで構想しています。 2W1Hなどの基本的な個別スキルだけでなく、問題解決の六大大陸や人材マネジメントの全体像、組織変革と空気のマネジメント、双方向型オンライン研修の方法など、さまざまなテーマをご用意しようと考えています。 基本的に、院内研修(組織学習)の場合は、「大事なことに順番を決める」、つまり組織で反復練習するために、個別スキルの