top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

研修(満足度)よりも現場(満足度)を考える「立ち位置」にする

基本的には、研修満足度を高めることは大切です。研修で学んだこと自体の満足度が高くなければ、それを現場で使ってみようという意欲につながりにくいでしょう。


一方で、研修満足度よりも重要だと言えるのが、現場満足度です。「研修で学んだことを実際に現場で使ってみた結果、患者さんや自分(たち)に良いことがあった」といった現場満足度が高まらなければ、「研修は面白かった」だけになってしまうかもしれません。つまり、あくまでも、


現場満足度を高める(目的) だからこそ↓↑それによって 研修満足度を高める(手段)


この目的と手段の関係を明確に押さえているかが大切になります。


だからこそ大事なことは、考える「立ち位置」、つまり、研修(満足度)を立ち位置にして現場(満足度)を考えるのではなく、あくまでも現場(満足度)を立ち位置にして研修(満足度)を考えていくことです。これは、意図的に考えていかなければ、いつのまにか自分の立ち位置が研修(満足度)に変わっていた、といったことが起こりかねません。


このように、現場(満足度)を立ち位置にし続ければ、たとえ研修(満足度)で期待を上回る結果が得られなかったとしても、現場での実行可能性を高める環境づくりを行い、スタッフの行動に対してポジティブに意味づけをし、小さな成功を実感してもらうための働きかけをすることによってリカバリーすれば良い。いや、そもそも、小さな成功(現場満足度)を実感してもらうために研修満足度を高めたかったのですから、リカバリーと考えるのも違いますね。


手段の目的化という落とし穴は、至る所に開いていますが、組織の能力開発の道にもやはりその落とし穴があります。VUCA時代の激しい環境変化に適応するうえで「頭(戦略)では分かっていても、身体(組織能力)が追いつかない」といった難所を乗り越えるためにも、組織の能力開発における考える立ち位置は重要になってくると言えます。

Recent Posts

See All

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル33

「あれとこれをつなげる伏線回収のマネジメント」 人はストーリーを通じて物事を理解し納得する生き物ととらえてみると、スタッフの理解と納得感を高めるために大事なことは、「伏線回収のマネジメント」である。ある取り組みという伏線は、それによって小さな成功を実感した時に初めて回収できる。伏線だけではスタッフの不安や不満が高まりやすいし、回収できたとしても、それがどの伏線の恩恵なのかがつながらなければ、(取り

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル32

「組織の中の個人としての3つの選択肢」 組織の中で個人として過ごすうえで、スタッフには3つの選択肢がある。1つ目は「改革する」、2つ目は「順応する」、3つ目は「辞める」。組織には変わり続けることが求められるが、それはあくまでも組織としてであって、スタッフ1人ひとりは「改革する」以外の選択肢も選ぶことができる。医療者側が働く場所(医療機関)を選ぶ「働き手不足の時代」は、3つ目の選択肢のハードルも低く

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル31

「沈黙という同調力」 多数派である慎重派が組織の中で自分(たち)を守るために用いる力が、「沈黙という同調」である。推進派の意見でも抵抗派の意見でも、それらの意見に対して「何も言わない」という態度を取ることによって、たとえその意見に基づき行動した結果失敗したとしても、「私はあの意見に賛同したわけではなかった」と主張することができる。沈黙という同調という態度は他者から見れば賛同したように一見すると見え

コメント


bottom of page