• 佐藤 和弘

研修(満足度)よりも現場(満足度)を考える「立ち位置」にする

基本的には、研修満足度を高めることは大切です。研修で学んだこと自体の満足度が高くなければ、それを現場で使ってみようという意欲につながりにくいでしょう。


一方で、研修満足度よりも重要だと言えるのが、現場満足度です。「研修で学んだことを実際に現場で使ってみた結果、患者さんや自分(たち)に良いことがあった」といった現場満足度が高まらなければ、「研修は面白かった」だけになってしまうかもしれません。つまり、あくまでも、


現場満足度を高める(目的) だからこそ↓↑それによって 研修満足度を高める(手段)


この目的と手段の関係を明確に押さえているかが大切になります。


だからこそ大事なことは、考える「立ち位置」、つまり、研修(満足度)を立ち位置にして現場(満足度)を考えるのではなく、あくまでも現場(満足度)を立ち位置にして研修(満足度)を考えていくことです。これは、意図的に考えていかなければ、いつのまにか自分の立ち位置が研修(満足度)に変わっていた、といったことが起こりかねません。


このように、現場(満足度)を立ち位置にし続ければ、たとえ研修(満足度)で期待を上回る結果が得られなかったとしても、現場での実行可能性を高める環境づくりを行い、スタッフの行動に対してポジティブに意味づけをし、小さな成功を実感してもらうための働きかけをすることによってリカバリーすれば良い。いや、そもそも、小さな成功(現場満足度)を実感してもらうために研修満足度を高めたかったのですから、リカバリーと考えるのも違いますね。


手段の目的化という落とし穴は、至る所に開いていますが、組織の能力開発の道にもやはりその落とし穴があります。VUCA時代の激しい環境変化に適応するうえで「頭(戦略)では分かっていても、身体(組織能力)が追いつかない」といった難所を乗り越えるためにも、組織の能力開発における考える立ち位置は重要になってくると言えます。

Recent Posts

See All

メタバースという流行り言葉の背景には、「非現実世界(バーチャル)を現実世界(リアル)に近づけていきたい」という、人間の自然な欲求があるように思います。 あくまでも、僕らが日々生活しているのは、今この瞬間も目の前に見えている現実世界であり、いかにこの現実世界を心身ともに豊かに過ごすかは、誰しもが関心を持つことだと言えます。 その上で、テクノロジーの進化によって、従来の文字や音声の世界から、画像や動画

「問題を正しく解決するよりも、正しい問題を解決することが大事」 もちろん、「問題を正しく解決する」ことも「正しい問題を解決する」ことも、両方大事です。ただ、正しい問題において間違った対策を実行すれば「解決できなかった」だけで終わるかもしれませんが、間違った問題を正しく解決しようとしてしまうと、本当の問題が解決しないだけでなく、それによって別の問題が起こってしまうかもしれません。その意味では、上記の

昨今、「パーパス(経営)」といった言葉が流行っています。「存在意義」と訳されることもあるパーパスですが、これは本来は「目的」という意味になります。経営単位であれ個別業務単位であれ、ある活動は目的を実現するための手段ですから、「何のためにその活動を行うのか?」という目的を押さえることは、これまでも、そしてこれからも重要であり、本来は普遍的なことです。 では、なぜ、このような整理をしたのかというと、と