• 佐藤 和弘

私にとっての小さな成功から、私たちにとっての小さな成功へ

「論理は内向きに働く」


以前より意図的に使っている言葉です。同じく意図的に使っている「半径5メートル」という言葉とともに、「人は、自施設より自部署、自部署より自分自身に関心が向かいやすい」というのは自然なことで、その意味では、このこと自体に善い悪いはないと言えます。


それを、「あの人は自己中心的だよね!」「自分のことしか考えてないよね!」とただ批判したところで、お互いが嫌な気持ちになって関係性が悪くなり、それによってさらに相手を批判的にとらえるという悪循環に陥るだけかもしれません。つまり、


「人って本来、(程度の違いはあれ)そういうものだよね」


ととらえておくほうが、人との関係性のマネジメントにおいては良いのでしょう。


ただ、これはだから何もしなくても良いということではありません。「受け入れる(意識する)」ことと「変える(行動する)」ことの違いです。もし、論理が内向きに働き、組織のあるべき姿(ビジョン)と現状のギャップを埋められず、その結果不幸になる誰かがいるのであれば、やはり、それ以上の「外向きの力」を加えなければなりません。それが、空気のマネジメント(ラーメン屋の行列づくり)の重要な前提となります。


論理は内向きに働くからこそ、空気のマネジメントは「半径5メートルに始まり、半径5メートルに終わる」ことはもちろん大事です。推進派が中心になって作った小さな成功は、より半径5メートルに近いものが良い。けれど、それを推進派の「自分の成功体験」に留めるのではなく、それを「組織全体の成功体験」に意図的に広げていく(それは慎重派だけでなく抵抗派にとっても)演出力がとても重要になってきます。


「私にとっての小さな成功から、私たちにとっての小さな成功へ」


もしそれが現時点で十分でなかったとしたら、それは「論理が内向きに働いたせい」と落ち込むのではなく、「論理を外向きに働かせるのが足りなかったせい」ととらえる。そのほうが、あるべき姿に近づく次の一歩を踏み出しやすいのではないでしょうか。

Recent Posts

See All

先日は、玉名市包括支援センター主催のオンライン研修「チームを動かすノンテクニカルスキル研修」で講演しました。 全2回のシリーズで、第1回の今回のテーマは「最強の問題解決の技術」。 メインはもちろん問題解決プランを作成し学び合うセッションなのですが、一般論として、このようなセッションを通じて実感してもらいたいことは、やはり「共通言語」の大切さについてです。 例えば2W1Hが共通言語になっている議論(

先日は、北陸大学医療保健学部の科目「地域チーム論」において、「チーム医療に必要なノンテクニカルスキル」というテーマで講義しました。対象は臨床検査技師・臨床工学技士のダブルライセンス取得を目指す大学4年生で、講師はオンラインでの講義でした。 一般論として、医療者が現場のリアリズムを特に実感するタイミングはいくつかあるのでしょうか。例えば、現場スタッフ(プレーヤー)から管理者(マネジャー)になったタイ

リーダーが「あっちに行きましょう!」と旅の道筋を示した時、スタッフのフォロワーシップで大切なのは「一旦だまされたと思ってついて行ってみる」ことだと言えます。 結局、何が正しいかは実際にやってみなければわからないというのは、多くの人が納得することではないかと思います。「これはいける!」と思ったことが上手くいかなかったと思えば、「これは無理だろう・・・」と思ったことが案外上手くいったり。 もちろん、だ