top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

空気のマネジメントは、慎重派が鍵を握っている


空気のマネジメントは、慎重派が鍵を握っています。空気は多数派によってつくられるからです。


慎重派は、推進派と抵抗派のどちらを真似した方が良いかを、当事者(推進派と抵抗派)から一歩引いて、冷静に判断しようとする人たちです。その慎重派の特徴は、「沈黙という同調」を自らの身を守るための手段として用いることです。推進派にも抵抗派にも賛同も反対もせず、沈黙という同調をしていれば、いざという時、どちらの側にもつくことができます。


当然ながら、これも善し悪しの話ではなく、性弱説に基づく自然な反応です。推進派や抵抗派のように、当事者として自ら率先して行動に移すことを避けたいと考えている慎重派にとってみれば、たとえ他者にとっては非合理的であっても、あくまでもそれは合理的な行動です。つまり、「当事者にならずに同調者になること」が、慎重派の戦略(戦いを略す方法)なのです。


だからこそ、「当事者にならずに同調者になること」が戦略であり、そのために沈黙という同調を用い、一方で空気をつくる力を持っている多数派の口を開かせる(沈黙を破らせる)ことが何を意味するのかを、特にあるべき姿を描くことが難しい不確実性の高い有事においては、リーダーは十分に理解しておくことが大切です。


有事の空気は、往々にして熱狂の空気をつくりあげます。しかし、その熱狂が向かう目的地が正しいとは限りません。もし、間違った目的地へと誰も止められない熱狂の空気によって向かってしまい、さらに口を開かされた慎重派が熱狂から覚めた時にどのような状態になってしまうのか。有事標準のリーダーは、それらを深く考えながら、多数派を動かしていかなければなりません。

Recent Posts

See All

リーダーが自組織のスタッフにある行動を取ってほしいと伝えます。しかし、スタッフAさんはその行動を取ろうとしません。なぜならば、スタッフBさんが同様の行動を取っていないからです。一方で、スタッフBさんがその行動を取ろうとしないのは、スタッフCさんが同様の行動を取っていないからで、そしてスタッフCさんがその行動を取らないのは、スタッフAさんが同様の行動を取っていないからです。 誰かが前例をつくってくれ

組織の2:6:2の法則を両利きの経営における「知の探索・知の深化」の文脈で考えてみると、推進派が知の探索の担当者にあたり、抵抗派が知の深化の担当者にあたることがわかります。 一見すると、名前からして推進派と抵抗派は対立関係にあるように思えます。しかし、両者は対立軸でとらえるよりも、それぞれ別の役割を担っているととらえるほうがよいと考えています。 問題設定型の問題解決に基づき、推進派にあたるスタッフ

あるミスを起こした人(他者)を批判するということは、自分が同じミスを起こしてしまった際に、言い訳ができなくなることを意味します。 つまり、他者のミスを批判するということは、裏返せば、自分のミスを他者から批判されても仕方ないということになってしまいます。 だから、「他者を思いやることが大事だ」といった美しい話ではなくて、将来(同じミスを起こしてしまった際に)批判されないように、自分を守るための「保険

bottom of page