top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

箕面市立病院の主任研修で講演しました


箕面市立病院の主任研修で講演しました。リアル講演で、タイトルを「主任のためのノンテクニカルスキル」として、主任というミドルマネジャーの立場における問題解決について、ノンテクを使って考えてもらいました。


一般論として、ミドルマネジャーは、組織変革において重要な立場にいると言えます。


通常、組織のトップは「森」を、対して現場のスタッフは「木」を見る立場にいるため、両者の見ている景色は大きく異なることになります。したがって、森を見ているからこその意見も木を見ているからこその意見もどちらも正しいけれど、両者の意見の正しさを「つないでいく」ために、その間にいるミドルマネジャーという存在が大切になります。


このことを踏まえ、僕は主任というミドルマネジャーを「上司と部下をつなぐ『翻訳家』」ととらえています。つまり、


「上司の意見を部下がより理解しやすいように具体化して伝える」 逆に 「部下の意見を上司がより理解しやすいように抽象化して伝える」


このように、ミドルマネジャーは、具体と抽象の往復運動をする翻訳家であると言えるのです。

Recent Posts

See All

Magic Shiels主催オンラインセミナーで講演しました

昨日は、Magic Shiels主催オンラインセミナーで講演しました。先月の基本編に続き、医療安全のためのノンテクニカルスキル導入編。組織変革と空気のマネジメントについてや、ノンテクニカルスキルを組織に導入するための仕組みづくりのポイント、生成AIとノンテクニカルスキルの関係性などについてお伝えしました。 組織変革と空気のマネジメントに関連するのですが、「逆ドミノ倒し現象」と呼んでいる考え方があり

Magic Shields主催オンラインセミナーで講演しました。

先日は、Magic Shields主催オンラインセミナーで講演しました。テーマは「医療安全のためのノンテクニカルスキル基本編」。 いつもノンテクニカルスキルの4つの領域としてお伝えしている「考える力」「伝える力」「決める力」「動かす力」。医療安全においても、 【考える力】 思い込み 思い間違い 認識間違い など 【伝える力】 伝え間違い(伝達ミス) 伝えたのに伝わらなかった など 【決める力】 組

Comments


bottom of page