• 佐藤 和弘

組織変革のマネジメントは「キャラマネ」の世界


組織変革のためにスタッフに求められるのは、能力よりも「キャラ」。


たとえ能力が不足していても、それは反復練習で高めることができるから、大したことはない。重要なのは、生まれ持った性格や長年の人生経験で培った価値観にもとづく、そのスタッフの「キャラ」。仕事上の関係程度で変えることはまずできないからだ。


したがって、自組織のビジョンにもとづく「あるべきスタッフ像」により「キャラ」が合っているスタッフを推進派と捉え、そのキャラを生かして空気を変えていく。


組織変革のマネジメントは、キャラクターマネジメント(キャラマネ)の世界である。

Recent Posts

See All

「誰から学ぶのか?」から脱却するための自己紹介の定番のセリフ

講演で自己紹介を終える際に、定番と言ってもいいセリフがあります。それは、「僕が誰かというのは重要じゃなくて・・・」というセリフです。 たしかに、一般的に教育において、「誰から学ぶのか?」という視点は大事です。ただ、僕が提供しているノンテクニカルスキルの組織学習において大事なことは、あくまでも「誰と学ぶのか?」であり「何を学ぶのか?」であり「どのように学ぶのか?」です。 なぜならば、当然ながら現場の

組織の2:6:2の法則は個性のマネジメント

変革リーダーが自ら迷子にならないための羅針盤である組織の2:6:2の法則。僕はこれらを推進派、慎重派、抵抗派と呼んでいますが、このように分けると、ともすると善し悪しでとらえてしまうかもしれません。しかし、組織の2:6:2の法則は、善し悪しではなく、「人は本来弱い生き物である」という前提で使わなければ、リーダー自身が迷子にならないための羅針盤でありながら、その羅針盤を使うことによって迷子になってしま