top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

組織変革の落とし穴


組織変革を進めていくと、目の前にボコボコと無数の落とし穴があるのだが、それに気づかずにあらゆる人たちが見事に落ちていく。「人は経験から学ぶ」という意味では良い経験学習になるが、下手をすると落ちるときに怪我をして、這い上がれなくなってしまうかもしれない。だから、様々な講演で色々な落とし穴の説明をしている。


そして、これも見事にハマる落とし穴。それは、「組織の2:6:2の法則を学びながら、すぐに抵抗派の話をしてしまうこと」である。


なぜ組織を2:6:2で分けるのか。それは、「抵抗派の話をするため」ではなく、「抵抗派の話をしないため」である。


組織は2:6:2に分かれるのが自然の摂理。それなのに、抵抗派を変えようとする。自然の摂理に人間が抗おうとしてはならない。抵抗派が2割いることを受け入れる。抵抗派を変えようと、不毛な多忙に自らを陥れない。抵抗派に時間と労力をかけず、その時間と労力を推進派にかける。その時間と労力によって、推進派が「本当に頑張っているスタッフが報われる」というロールモデルになり、次第に慎重派が真似をし出し、やがてポジティブな空気に変わっていくのである。


だからこそ、組織の2:6:2の法則を学んだ後は、抵抗派の話をしないことが重要。変革リーダーの一挙手一投足が、すべて組織変革(空気のマネジメント)のメッセージになる。

Recent Posts

See All

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル37

「半径5メートルのプレゼンテーションスキルとあの手この手力」 プレゼンテーションスキルとは、講演や発表といった特別な舞台だけでなく、現場業務という日常の舞台においても重要になるスキルである。プレゼンテーションスキルを現場の半径5メートルの視点で考えた場合、ある説明に関して、難しい内容を日常の出来事でわかりやすく表現し直してみる力(例える力)や、相手との共通点を押さえたうえで、その文脈を通じて伝えた

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル36

「一般化する力と一般化しない力」 複雑な物事を理解するためには、その物事を代表的な言葉で言い表す「一般化」が重要。その一般化された言葉を軸にすれば、さまざまな出来事に対応しやすくなる。一方で、複数な物事を代表的な言葉で言い表すという行為によって、さまざまな個別の情報がこぼれ落ちてしまい、「皆に当てはまるようで、実は誰にも当てはまらない」といった結果になりなねない。だからこそ、一般化する力と一般化し

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル35

「キレイゴトとリアリズムの間」 キレイゴトだけでは現実感を持てないが、リアリズムだけでは希望を持てない。最善の答えは、キレイゴトとリアリズムの間にある。キレイゴトをかかげる場合はリアリズムにも引き寄せ、リアリズムをかかげる場合はキレイゴトにも引き寄せる、絶妙なバランス感覚が求められるが、必ずしも1人でバランスを取る必要はない。立場や性格などを勘案しながら、自分と他者とでキレイゴト役とリアリズム役を

Comments


bottom of page