• 佐藤 和弘

組織変革の落とし穴


組織変革を進めていくと、目の前にボコボコと無数の落とし穴があるのだが、それに気づかずにあらゆる人たちが見事に落ちていく。「人は経験から学ぶ」という意味では良い経験学習になるが、下手をすると落ちるときに怪我をして、這い上がれなくなってしまうかもしれない。だから、様々な講演で色々な落とし穴の説明をしている。


そして、これも見事にハマる落とし穴。それは、「組織の2:6:2の法則を学びながら、すぐに抵抗派の話をしてしまうこと」である。


なぜ組織を2:6:2で分けるのか。それは、「抵抗派の話をするため」ではなく、「抵抗派の話をしないため」である。


組織は2:6:2に分かれるのが自然の摂理。それなのに、抵抗派を変えようとする。自然の摂理に人間が抗おうとしてはならない。抵抗派が2割いることを受け入れる。抵抗派を変えようと、不毛な多忙に自らを陥れない。抵抗派に時間と労力をかけず、その時間と労力を推進派にかける。その時間と労力によって、推進派が「本当に頑張っているスタッフが報われる」というロールモデルになり、次第に慎重派が真似をし出し、やがてポジティブな空気に変わっていくのである。


だからこそ、組織の2:6:2の法則を学んだ後は、抵抗派の話をしないことが重要。変革リーダーの一挙手一投足が、すべて組織変革(空気のマネジメント)のメッセージになる。

Recent Posts

See All

リーダーが「あっちに行きましょう!」と旅の道筋を示した時、スタッフのフォロワーシップで大切なのは「一旦だまされたと思ってついて行ってみる」ことだと言えます。 結局、何が正しいかは実際にやってみなければわからないというのは、多くの人が納得することではないかと思います。「これはいける!」と思ったことが上手くいかなかったと思えば、「これは無理だろう・・・」と思ったことが案外上手くいったり。 もちろん、だ

立場(地位や職位、権限)によらずに誰かを動かす時、その人はリーダーでありリーダーシップを発揮していることになりますが、それ以前に、そもそも自分自身をリードしている(自分に対してリーダーシップを発揮している)と考えることもできます。このように、 「リーダーシップは自分自身に向けることから始まる」 ととらえると、自らが行動するモチベーションを維持するために「安心感の醸成」が大切になります。 そして、そ

組織変革と空気のマネジメントの観点から言えば、ヨソ者の本質的な価値は「餅は餅屋」の専門性にあるのではなく、ムラ(組織)の住民ではないこと、つまりヨソ者であること自体にあります。 たとえリーダーであっても、同じムラの住民ですから、日々の暮らしの中でのさまざまな交流を通じて、他の住民(スタッフ)との関係性が出来上がっています。 もちろん、信頼されている、仲が良いといった関係性だけを見ると良いことのよう