• 佐藤 和弘

組織変革屋として、あくまでも「ボトムアップの実行」にこだわり続けている理由

Updated: Jan 17

経営とは、トップダウンの戦略的な意思決定とボトムアップの実行のかけ算であり、どちらが欠けても実現できません。そのうえで、僕が組織変革屋として、あくまでも後者にこだわり続けているのは、組織的なボトムアップの実行力を高める技術(ノンテクニカルスキル)と、それを伴走するヨソ者の存在が必要不可欠でありながら、それらが医療業界において圧倒的に不足していると感じているからです。


これからの時代の変化に適応するためには、あらゆる組織が、


「頭(戦略)ではわかっているけれど、体(実行)がついていけない」


という難題に向き合っていかなければなりません。だからこそ、非連続な環境変化に体(実行)がついていくように、いかに組織能力を高めていくかにかかっています。


一方で、一般論として、トップダウンの意思決定は、外部の環境変化を勘案しながら、法人組織の理念にもとづきビジョンを描くという性質上、往々にして現場の半径5メートルの外の話になりがちです。したがって、そのトップダウンの意思決定をどのように現場の半径5メートルの中の話に翻訳していくかが肝になります。


そして、この現場の半径5メートルの中の話に翻訳するために大事なことは、「どんな興味があるんだろう?」「どう都合が良いんだろう?」「小さな成功をつくってる?」といった自問力です。


「そもそも、スタッフはどんな興味を持っているのだろうか?」 「意思決定された内容は、そのようなスタッフの興味にどのように関連させることができるのだろうか?」 「意思決定されたことを十分に実行されなかった(スタッフにあるべき行動をとってもらえなかった)場合、そのような行動をとらないことが、スタッフにとってどう都合が良いのだろうか?」 「意思決定されたことを実行したい(実行しても大丈夫なんだ)と思えるような小さな成功を、これまで積み上げてきたのだろうか?」


変革リーダーには、このようなことを自問し、半径5メートルの外の話に向かっていきそうになる力を自ら抑えながら、半径5メートルの中の話に翻訳していくことが大切になります。

Recent Posts

See All

メタバースという流行り言葉の背景には、「非現実世界(バーチャル)を現実世界(リアル)に近づけていきたい」という、人間の自然な欲求があるように思います。 あくまでも、僕らが日々生活しているのは、今この瞬間も目の前に見えている現実世界であり、いかにこの現実世界を心身ともに豊かに過ごすかは、誰しもが関心を持つことだと言えます。 その上で、テクノロジーの進化によって、従来の文字や音声の世界から、画像や動画

「問題を正しく解決するよりも、正しい問題を解決することが大事」 もちろん、「問題を正しく解決する」ことも「正しい問題を解決する」ことも、両方大事です。ただ、正しい問題において間違った対策を実行すれば「解決できなかった」だけで終わるかもしれませんが、間違った問題を正しく解決しようとしてしまうと、本当の問題が解決しないだけでなく、それによって別の問題が起こってしまうかもしれません。その意味では、上記の

昨今、「パーパス(経営)」といった言葉が流行っています。「存在意義」と訳されることもあるパーパスですが、これは本来は「目的」という意味になります。経営単位であれ個別業務単位であれ、ある活動は目的を実現するための手段ですから、「何のためにその活動を行うのか?」という目的を押さえることは、これまでも、そしてこれからも重要であり、本来は普遍的なことです。 では、なぜ、このような整理をしたのかというと、と