• 佐藤 和弘

美里在宅支援事業所ノンテク研修Day3で講演


複数の組織からなる法人のメリットは、それぞれの組織での問題解決の取り組みから学び合えることだ。自組織で経験できる問題解決事例が限られるのであれば、他組織が経験した問題解決事例を通じて疑似体験すればいい。大事なことは、組織間の共通点と相違点の両方から貪欲に学ぶ姿勢である。


そこで、まずは冒頭にヨソ者からメッセージ。


「問題解決をしていくうえで大事なことは、『料理教室方式』ではなく『おばあちゃんの知恵袋方式』です。僕(講師)が来て料理教室を開く時しか学べなければ、年に4時間しか学べません。ですが、たとえ料理教室に通わなくても、おばあちゃんが作る料理が美味しいのは、長年の経験のなかで『コツ』を得ているからです。ですので、皆さん自身で問題解決のコツを得ていくことが大切なんです」


そのうえで、今回のテーマは「問題解決シートの作り方のコツ(工夫)大全集」を作成すること。多事業所のスタッフの方々が混在したグループをつくり、普段どのようにして問題解決シートを作っているのか、そのコツを出し合い、結果、短時間で計数十個からなるコツ大全集が出来上がった。あとは、このコツ大全集を事業所ごとに活用していけばいい。


「よく言うのですが、ノンテクはパクり文化大歓迎です。だって、それで利用者さんや皆さんがハッピーになれば良いからです」


他にも、グループで出し合ったコツを全体共有してもらううえで、それぞれにヨソ者から色々と知恵のおすそ分け。


「休憩室でグチるとただのグチですが、これ(問題解決シート)は公式の場でグチれるんですよね。どうせだったら、公式の場でグチったほうが良いですよね。それによって問題解決できるんですから。なので、ドンドン公式の場でグチっていってください」


さらに、最後にはヨソ者から以下のメッセージ。


「普段から『この問題をこうやって解決したら良いのに・・・』と考えることがありますよね。だったら、それをやれば良いだけなのですが、ではなぜそれができないのでしょうか。それは、『他の人がやってないので、自分だけできないから』です。だったら、皆で一緒にやれば良い。1人でやるのはリスクが高いから怖い。でも、皆で一緒にやることによって、『赤信号皆で渡れば怖くない』、つまりリスクが分散されるんです」


研修前後は、恒例の変革リーダーの方々への課外授業(コーチングセッション)。「問題解決の組織学習」と「変革リーダーへのコーチング」はセットであり、どちらが欠けても組織変革を推し進めることはできない。それがなぜなのか、その本当の理解は、組織変革の中に身を置く当事者だけにしかできない。

Recent Posts

See All

先日は、玉名市包括支援センター主催のオンライン研修「チームを動かすノンテクニカルスキル研修」で講演しました。 全2回のシリーズで、第1回の今回のテーマは「最強の問題解決の技術」。 メインはもちろん問題解決プランを作成し学び合うセッションなのですが、一般論として、このようなセッションを通じて実感してもらいたいことは、やはり「共通言語」の大切さについてです。 例えば2W1Hが共通言語になっている議論(

先日は、北陸大学医療保健学部の科目「地域チーム論」において、「チーム医療に必要なノンテクニカルスキル」というテーマで講義しました。対象は臨床検査技師・臨床工学技士のダブルライセンス取得を目指す大学4年生で、講師はオンラインでの講義でした。 一般論として、医療者が現場のリアリズムを特に実感するタイミングはいくつかあるのでしょうか。例えば、現場スタッフ(プレーヤー)から管理者(マネジャー)になったタイ

現在、ノンテクニカルスキルの双方向型オンラインセミナーをシリーズで構想しています。 2W1Hなどの基本的な個別スキルだけでなく、問題解決の六大大陸や人材マネジメントの全体像、組織変革と空気のマネジメント、双方向型オンライン研修の方法など、さまざまなテーマをご用意しようと考えています。 基本的に、院内研修(組織学習)の場合は、「大事なことに順番を決める」、つまり組織で反復練習するために、個別スキルの