• 佐藤 和弘

美里在宅支援事業所Day2で講演

今回は、即興で幹部と現場スタッフの方々との対話セッションを開催。即興だけに、ヨソ者が健全な無茶振りをしてくるのだが、それを双方が真剣に受け止めたことによって、両者が「自分の言葉」で対話をしていく、貴重な30分の場が形成。この30分には、何十時間分の価値がある。


後半は、問題解決セッション。こちらは、Day1から問題設定型の問題解決に組織的にマインドセットしたこともあって、当たり前のように【あるべき姿】を描きながら問題解決を議論していた。


熊本のノンテク後輩施設が、リープフロッグして先輩施設を追い上げ、先輩施設を良い意味で煽って欲しい。

© 2013 by Kazuhiro Sato