• 佐藤 和弘

群馬県病院局の多職種を対象としたノンテクニカルスキル新人編で講演しました

群馬県病院局(心臓血管センター、がんセンター、精神医療センター、小児医療センター)の多職種を対象としたノンテクニカルスキル新人編を、講師と会場(リアル)をオンラインでつなぐ、双方向型オンライン研修(集合ハイブリッド型)で実施しました。


メインセッションは、もちろん問題解決プランを考えるセッション。その中で、今回特に注目したのが、概念レベルと映像レベルでの、【現状】と【あるべき姿】の表現の違いです。文字で表現した【現状】と【あるべき姿】と、各グループメンバーがドラマ仕立ての演技(実演)で表現した【現状】と【あるべき姿】の2種類の表現方法を、他のグループが見比べる(聴き比べる)という学び合い(体験)をしてもらいました。


こうして映像レベルで表現した【現状】と【あるべき姿】を前提にしながら、各グループが問題解決プランを作成。その後、全ての問題解決プランに対して講師がフィードバックしていきました。


群馬県病院局のノンテクニカルスキル研修は、2015年から継続して行われており、【基礎編】【実践編】【新人編】そして【管理職編】と展開されています。そして、第五次群馬県県立病院改革プラン(中期経営計画)には、ノンテクニカルスキル(ノンテク研修)に関する内容が記載されています。


また、講演の最後には、テクノロジー(AI)と共生する医療現場のあるべき姿を描くことに関するメッセージ。なお、群馬県は、令和3年の「群馬県庁DXアクションプラン~日本最先端デジタル県へ~」の策定や、最近ではメタバースワールド企画・作成・運営業務の公募などを行っています。

Recent Posts

See All

先日は、玉名市包括支援センター主催のオンライン研修「チームを動かすノンテクニカルスキル研修」で講演しました。 全2回のシリーズで、第1回の今回のテーマは「最強の問題解決の技術」。 メインはもちろん問題解決プランを作成し学び合うセッションなのですが、一般論として、このようなセッションを通じて実感してもらいたいことは、やはり「共通言語」の大切さについてです。 例えば2W1Hが共通言語になっている議論(

先日は、北陸大学医療保健学部の科目「地域チーム論」において、「チーム医療に必要なノンテクニカルスキル」というテーマで講義しました。対象は臨床検査技師・臨床工学技士のダブルライセンス取得を目指す大学4年生で、講師はオンラインでの講義でした。 一般論として、医療者が現場のリアリズムを特に実感するタイミングはいくつかあるのでしょうか。例えば、現場スタッフ(プレーヤー)から管理者(マネジャー)になったタイ

リーダーが「あっちに行きましょう!」と旅の道筋を示した時、スタッフのフォロワーシップで大切なのは「一旦だまされたと思ってついて行ってみる」ことだと言えます。 結局、何が正しいかは実際にやってみなければわからないというのは、多くの人が納得することではないかと思います。「これはいける!」と思ったことが上手くいかなかったと思えば、「これは無理だろう・・・」と思ったことが案外上手くいったり。 もちろん、だ