top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

群馬県看護協会で講演しました


群馬県看護協会で講演しました。


テーマは「課題解決に必要なノンテクニカルスキルの活用の実際〜管理に必要な問題解決と組織変革の実践と難所の乗り越え方〜」で、リアルとオンラインのハイブリッド研修でした。


メインセッションはもちろん問題解決プランを通じた学び合いなのですが、その後は次の3つの視点の選択肢を提示し、グループで講師への質問内容を考えてもらう、言わば「グループ質問セッション」を実施。


①問題解決プランを考えるうえでの難しさ ②問題解決を実践するうえでの難しさ ③その他のご質問


さすがの皆さん、深い学びにつながる重要なさまざまなグループ質問を共有していただきました。


このような機会を通じて「私たちの質問」にしてもらうことも大事ですね。現場の問題解決は、まさに「私たちの問い」に皆で答えを出していく営みと言えますので。


なお、組織の中で共通言語をつくっていくことはもちろん重要ですが、組織の外で共通言語をつくっていくことも重要だと思います。共通言語を通じた他者とのつながりは、きっと心の支えになるはずです。

Recent Posts

See All

Magic Shiels主催オンラインセミナーで講演しました

昨日は、Magic Shiels主催オンラインセミナーで講演しました。先月の基本編に続き、医療安全のためのノンテクニカルスキル導入編。組織変革と空気のマネジメントについてや、ノンテクニカルスキルを組織に導入するための仕組みづくりのポイント、生成AIとノンテクニカルスキルの関係性などについてお伝えしました。 組織変革と空気のマネジメントに関連するのですが、「逆ドミノ倒し現象」と呼んでいる考え方があり

Magic Shields主催オンラインセミナーで講演しました。

先日は、Magic Shields主催オンラインセミナーで講演しました。テーマは「医療安全のためのノンテクニカルスキル基本編」。 いつもノンテクニカルスキルの4つの領域としてお伝えしている「考える力」「伝える力」「決める力」「動かす力」。医療安全においても、 【考える力】 思い込み 思い間違い 認識間違い など 【伝える力】 伝え間違い(伝達ミス) 伝えたのに伝わらなかった など 【決める力】 組

Comments


bottom of page