• 佐藤 和弘

群馬県看護協会で講演

Updated: Nov 2, 2021


群馬県看護協会で昨年に続き2度目の講演をしました。


この研修では、Withコロナ時代の双方向型リアル研修のあるべき姿を考えるための、チャレンジングな学習プロセスの設計を提案し実施しました。


一般論として、オンライン研修が当たり前になるほど、リアル研修がオンライン研修で代替できることに気づいていくとともに、逆にリアルでしか提供できない本質的価値が明らかになるでしょう。オンラインの本質的価値は「時間的・空間的な制約を受けにくいこと」ですが、リアルの本質的価値は「時間的・空間的な制約そのもの」にあります。そして、「その時その場所でしか得られないもの」、それが「空気」です。だからこそ、「人は空気で学ぶ」ということを理解することが大切です。


たしかに、今回の有事とオンラインは非常に親和性が高いですが、このリアル研修でしか得られない価値を提供するためにも、ソーシャルディスタンスや三密回避、発話・発声の制限があるなかで、いかに双方向型リアル研修を実施していくかを模索する取り組みは、非常に重要であると言えます。


一方で、この考え方は、ニューノーマルのリアル研修のあり方ではなく、あくまでもWithコロナ時代のリアル研修のあるべき姿の模索であって、Afterコロナ時代には「元に戻ること」と「元に戻らないこと(先に進むこと)」があり、Withコロナ時代とは違った形のリアル研修のあるべき姿が模索されていくと考えています。


ただ、環境変化に適応するためにいかに学習プロセスの形が変わろうとも、あくまでも「学習プロセスは学習コンテンツに従う」という原則は変わることはないでしょう。だからこそ、数多ある学習コンテンツのなかから、最も重要なコンテンツに選択と集中をしていくことが重要です。それが、ノンテクニカルスキルにおいては、問題解決の六大大陸(2W1H)です。大事なことには順番があるのです。


最後にお伝えしたメッセージ。

「有事にこそ、問題解決力(ノンテクニカルスキル)が重要です。答えがわかるならいいんです。でも、有事のような状況では答えがわからないからこそ、皆で議論して問題解決していかなければなりません」 「社会が感謝の想いを伝えることで皆さんに貢献しているように、僕はこのノンテクニカルスキルを提供することによって、皆さんに貢献していきます」

Recent Posts

See All

先日は、玉名市包括支援センター主催のオンライン研修「チームを動かすノンテクニカルスキル研修」で講演しました。 全2回のシリーズで、第1回の今回のテーマは「最強の問題解決の技術」。 メインはもちろん問題解決プランを作成し学び合うセッションなのですが、一般論として、このようなセッションを通じて実感してもらいたいことは、やはり「共通言語」の大切さについてです。 例えば2W1Hが共通言語になっている議論(

先日は、北陸大学医療保健学部の科目「地域チーム論」において、「チーム医療に必要なノンテクニカルスキル」というテーマで講義しました。対象は臨床検査技師・臨床工学技士のダブルライセンス取得を目指す大学4年生で、講師はオンラインでの講義でした。 一般論として、医療者が現場のリアリズムを特に実感するタイミングはいくつかあるのでしょうか。例えば、現場スタッフ(プレーヤー)から管理者(マネジャー)になったタイ

現在、ノンテクニカルスキルの双方向型オンラインセミナーをシリーズで構想しています。 2W1Hなどの基本的な個別スキルだけでなく、問題解決の六大大陸や人材マネジメントの全体像、組織変革と空気のマネジメント、双方向型オンライン研修の方法など、さまざまなテーマをご用意しようと考えています。 基本的に、院内研修(組織学習)の場合は、「大事なことに順番を決める」、つまり組織で反復練習するために、個別スキルの