• 佐藤 和弘

群馬県看護協会で講演


群馬県看護協会で昨年に続き2度目の講演をしました。


この研修では、Withコロナ時代の双方向型リアル研修のあるべき姿を考えるための、チャレンジングな学習プロセスの設計を提案し実施しました。


一般論として、オンライン研修が当たり前になるほど、リアル研修がオンライン研修で代替できることに気づいていくとともに、逆にリアルでしか提供できない本質的価値が明らかになるでしょう。オンラインの本質的価値は「時間的・空間的な制約を受けにくいこと」ですが、リアルの本質的価値は「時間的・空間的な制約そのもの」にあります。そして、「その時その場所でしか得られないもの」、それが「空気」です。だからこそ、「人は空気で学ぶ」ということを理解することが大切です。


たしかに、今回の有事とオンラインは非常に親和性が高いですが、このリアル研修でしか得られない価値を提供するためにも、ソーシャルディスタンスや三密回避、発話・発声の制限があるなかで、いかに双方向型リアル研修を実施していくかを模索する取り組みは、非常に重要であると言えます。


一方で、この考え方は、ニューノーマルのリアル研修のあり方ではなく、あくまでもWithコロナ時代のリアル研修のあるべき姿の模索であって、Afterコロナ時代には「元に戻ること」と「元に戻らないこと(先に進むこと)」があり、Withコロナ時代とは違った形のリアル研修のあるべき姿が模索されていくと考えています。


ただ、環境変化に適応するためにいかに学習プロセスの形が変わろうとも、あくまでも「学習プロセスは学習コンテンツに従う」という原則は変わることはないでしょう。だからこそ、数多ある学習コンテンツのなかから、最も重要なコンテンツに選択と集中をしていくことが重要です。それが、ノンテクニカルスキルにおいては、問題解決の六大大陸(2W1H)です。大事なことには順番があるのです。


最後にお伝えしたメッセージ。

「有事にこそ、問題解決力(ノンテクニカルスキル)が重要です。答えがわかるならいいんです。でも、有事のような状況では答えがわからないからこそ、皆で議論して問題解決していかなければなりません」 「社会が感謝の想いを伝えることで皆さんに貢献しているように、僕はこのノンテクニカルスキルを提供することによって、皆さんに貢献していきます」

Recent Posts

See All

「過去の成功体験が未来の成功体験をつくる」「過去の成功体験が未来の失敗体験をつくる」という相反するように見える物事をつなぐ

「過去の成功体験が未来の成功体験をつくる」という言葉は、いかに組織変革においてスモールウィン(小さな成功)が重要であるかを意味しています。なぜ人は行動できないのか。それは、行動すればスモールウィンを実感できる(かもしれない)という期待につながる成功体験を、これまで十分に積み重ねることができていないからだと考えることができます。誰しも、これまで成功したことがないことに挑戦するのは怖いと思うのが自然で

問題解決の議論を固有名詞レベルに落とし込む

現場の問題解決の議論は、基本的に「固有名詞」レベルに落とし込むことが重要です。 どんな現場の事例にも当事者である◯◯さんがいるわけで、その◯◯さんには◯◯さんの性格や価値観、考え方があり、それは他の人と同じではありません。このことが意味するのは、固有名詞レベルで行わない問題解決の議論は、極端な話、当事者の「個性」を無視した議論になってしまいかねないということです。言い換えれば、一般化できないその個

© 2013 by Kazuhiro Sato