top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

群馬県立がんセンターの職員研修(ノンテクニカルスキル実践編)で講演しました

群馬県立精神医療センターの職員研修(ノンテクニカルスキル実践編)とダブルヘッダーで、群馬県立がんセンターの職員研修(ノンテクニカルスキル実践編)で講演しました。


こちらも、オンラインでの講演(双方向型オンライン研修(分散ハイブリッド型))で、テーマは「課題解決に必要なノンテクニカルスキルの活用の実際ー管理に必要な問題解決と組織変革の実践と難所の乗り越え方ー」。


ノンテクに関する基本的な考え方に関しておさらいした後は、各グループの問題解決シートを通した学び合い。問題解決シートという、言わば、大切な「自己紹介レター」を基に、対話を深めていきました。


ここで、「実践の重要性」に関する、一般論的な考察を。


それは、料理作りと同様で、実際に自分自身で料理を作って食べてみて、「実は、私たちは、もっとこういう味付けにした方が好きかもしれない!」といったことに気づいていく、言わば「私たち好みの味」を追い求めていくことだと言えます。


そして、その「私たち好みの味」の追求をお手伝いするのが、もちろん講師(ヨソ者)の役割。時に、


「この料理、こんな味にもなりますよ!」


といったように、新たな味への出合いを演出する。


僕はよく、「研修は『なまもの』ですから」といった言葉を意図的に使いますが、その研修のその瞬間だからこそ得られる新たな味への出合いは、努力して実際に料理をつくったからこそ、深みを増すのではないかと思います。

Recent Posts

See All

Magic Shiels主催オンラインセミナーで講演しました

昨日は、Magic Shiels主催オンラインセミナーで講演しました。先月の基本編に続き、医療安全のためのノンテクニカルスキル導入編。組織変革と空気のマネジメントについてや、ノンテクニカルスキルを組織に導入するための仕組みづくりのポイント、生成AIとノンテクニカルスキルの関係性などについてお伝えしました。 組織変革と空気のマネジメントに関連するのですが、「逆ドミノ倒し現象」と呼んでいる考え方があり

Magic Shields主催オンラインセミナーで講演しました。

先日は、Magic Shields主催オンラインセミナーで講演しました。テーマは「医療安全のためのノンテクニカルスキル基本編」。 いつもノンテクニカルスキルの4つの領域としてお伝えしている「考える力」「伝える力」「決める力」「動かす力」。医療安全においても、 【考える力】 思い込み 思い間違い 認識間違い など 【伝える力】 伝え間違い(伝達ミス) 伝えたのに伝わらなかった など 【決める力】 組

Kommentare


bottom of page