top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

群馬県立精神医療センターの職員研修【ノンテクニカルスキル実践編】(双方向型オンライン研修)で講演しました。

先月になりますが、群馬県立精神医療センターの職員研修【ノンテクニカルスキル実践編】(双方向型オンライン研修)で講演しました。ノンテクの基本を学ぶ基礎編に対して、まさに、学んだノンテクの実際の活用を通じて学ぶのが実践編です。


単発の研修では実現できないことは何か。それは「事実」を手に入れることです。例えば、研修で問題解決の考え方(問題解決の六大大陸)ことを学んだとします。もちろん、研修の中で問題解決プランの作成を練習することはできますが、その時点では現場での実践を伴っていませんから、作成した問題解決プランはあくまでも、「◯◯だろう」といったように「想像」の域を越えることはできません。これはつまり、あくまでも想像なので「なんとでも言えてしまう」ということを意味します。


一方で、継続的な研修で実現できることは、作成した問題解決プランに基づき、実際に現場で問題解決を行った結果という「事実」を基に学べることです。


想像<事実


と表現することもありますが、やはり、「◯◯だろう」という想像よりも、「◯◯だった」という事実が強い。自分の考えがどうであろうと、実際に目の前で起こった事実と向き合わざるを得ません。


さらに言えば、これは「事実は小説より奇なり」の世界から学ぶことを意味しています。実際に問題解決プランを実行してみると、思ったよりも上手くいったことや、逆に予想に反して上手くいかなかったといった「想定外の事実」が得られることもあるはずです。この想定外の事実を得るということは、自分の想像の世界を超える気づきを得るということだと言えます。


もちろん未来(あるべき姿)とは想像を実現していく世界と言えますから、想像の世界の解像度を高めることもまた、大切になります。だからこそ、想像力(想像の世界に向き合う力)と事実力(事実の世界に向き合う力)の両方が求められます。

Recent Posts

See All

Magic Shiels主催オンラインセミナーで講演しました

昨日は、Magic Shiels主催オンラインセミナーで講演しました。先月の基本編に続き、医療安全のためのノンテクニカルスキル導入編。組織変革と空気のマネジメントについてや、ノンテクニカルスキルを組織に導入するための仕組みづくりのポイント、生成AIとノンテクニカルスキルの関係性などについてお伝えしました。 組織変革と空気のマネジメントに関連するのですが、「逆ドミノ倒し現象」と呼んでいる考え方があり

Magic Shields主催オンラインセミナーで講演しました。

先日は、Magic Shields主催オンラインセミナーで講演しました。テーマは「医療安全のためのノンテクニカルスキル基本編」。 いつもノンテクニカルスキルの4つの領域としてお伝えしている「考える力」「伝える力」「決める力」「動かす力」。医療安全においても、 【考える力】 思い込み 思い間違い 認識間違い など 【伝える力】 伝え間違い(伝達ミス) 伝えたのに伝わらなかった など 【決める力】 組

Comments


bottom of page