• 佐藤 和弘

群馬県立4病院看護部合同ノンテクニカルスキル研修基礎編・アフターセッション編で講演。


巨大組織が4病院も集まり、しかも4年間にわたり共通言語づくりを続けているのは、おそらく規模とすれば日本最大。組織変革は空気のマネジメントに尽きるが、実は組織が大きければ大きいほど、ラーメン屋の長蛇の行列が出来やすいため、強力な空気がつくられやすい。

問題解決セッションでは、あえて何も伝えずに一旦【現状】と【あるべき姿】を考えてもらった後、概念(文字)から脱却して行動(映像)レベルで捉えるために、講師の演技を参考にしながら、【現状】と【あるべき姿】を演技で表現する時間を提供。その行動(映像)レベルの【現状】と【あるべき姿】を前提に問題解決プランを作成した。


そのうえで、メインはグループごとの問題解決プランの全体共有セッション。といっても、問題解決シートを披露するのではなく、まさに「劇的Before→After」のように、グループごとに、様々な役を演じた【現状】と【あるべき姿】を披露し、それから問題→原因→対策の内容を説明。そうすると、単に問題解決シートを使って説明するよりも、比較にすらならないくらいに、それぞれの現場の様子が映像で浮かぶかのような臨場感をもって共有することができる。


もちろん、本当の現場の問題解決は「現地現物」。実際の現場で演技をしながら【現状】と【あるべき姿】を再現し、問題解決を考えていくのが正しい。


6時間弱の基礎編の後は、初のアフターセッション編。リーダーを人材マネジメントの全体像(森)へと招待し、現状の棚卸しをしてもらった。組織が巨大であるということは、道路の交差点も車の交通量も多いということを意味する。だからこそ、多数の交差点で多数の車の交通整理を手旗信号で行うのではなく、信号機という仕組みをつくることが重要になる。


人材マネジメント(6本の木のマネジメント)と組織マネジメント(空気のマネジメント)は光と陰であり、表裏一体。どちらがかけても人や組織は動かない。それを4つの巨大組織が合同でケーススタディし続ければ、他の組織が到底追いつけない教訓を量産していくであろう。

Recent Posts

See All

先日は、玉名市包括支援センター主催のオンライン研修「チームを動かすノンテクニカルスキル研修」で講演しました。 全2回のシリーズで、第1回の今回のテーマは「最強の問題解決の技術」。 メインはもちろん問題解決プランを作成し学び合うセッションなのですが、一般論として、このようなセッションを通じて実感してもらいたいことは、やはり「共通言語」の大切さについてです。 例えば2W1Hが共通言語になっている議論(

先日は、北陸大学医療保健学部の科目「地域チーム論」において、「チーム医療に必要なノンテクニカルスキル」というテーマで講義しました。対象は臨床検査技師・臨床工学技士のダブルライセンス取得を目指す大学4年生で、講師はオンラインでの講義でした。 一般論として、医療者が現場のリアリズムを特に実感するタイミングはいくつかあるのでしょうか。例えば、現場スタッフ(プレーヤー)から管理者(マネジャー)になったタイ

現在、ノンテクニカルスキルの双方向型オンラインセミナーをシリーズで構想しています。 2W1Hなどの基本的な個別スキルだけでなく、問題解決の六大大陸や人材マネジメントの全体像、組織変革と空気のマネジメント、双方向型オンライン研修の方法など、さまざまなテーマをご用意しようと考えています。 基本的に、院内研修(組織学習)の場合は、「大事なことに順番を決める」、つまり組織で反復練習するために、個別スキルの