top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

群馬県立4病院看護部合同ノンテクニカルスキル研修実践編で講演


実践編は、実際に実行していく問題解決プランを事前に作成し、研修がスタート。ただ、問題解決シートの内容はあくまでも概念(文字)であり、行動(映像)の現実世界とは大きなギャップがある。だからこそ、基礎編と同様に、全体共有してもらう前に【現状】と【あるべき姿】を演技で表現できるように準備してもらい、そこから全体で教訓を引き出すセッションを実施した。


あるグループがステージに登壇し、演技を通じて問題解決プランを共有する。その後、各グループごとに「大事なことは?」を決め台詞に教訓を引き出し、全体共有。さらに、その1つひとつの教訓に対して、講師(ヨソ者)がさらなる教訓を付け加え共有する。こうして、7グループ×(7つのグループからの教訓+7つの講師からの教訓)=98の教訓を、学びの共同体として引き出した計算になる。変化に適応する組織とは、このように教訓を引き出せる組織を意味する。


その後は、組織変革と空気のマネジメントの基本をレクチャー。空気の支配の恐ろしさ、2:6:2の法則、ラーメン屋の行列づくり、共通言語、スモールウィン、バスに乗り遅れるな現象などを学びながら、社会的な空気の事例として「エスカレーター問題」を取り上げ、問題解決の方法(空気を変える方法)を考えた。


5年目を迎え、巨大組織のなかで多数のスタッフに共通言語が出来てきている。このように、なぜ長年取り組まなければならないのか。それは、これから医療業界が迎えるであろう有事に遭遇した時、初めてその本当の意味がわかるはずだ。

Recent Posts

See All

Magic Shiels主催オンラインセミナーで講演しました

昨日は、Magic Shiels主催オンラインセミナーで講演しました。先月の基本編に続き、医療安全のためのノンテクニカルスキル導入編。組織変革と空気のマネジメントについてや、ノンテクニカルスキルを組織に導入するための仕組みづくりのポイント、生成AIとノンテクニカルスキルの関係性などについてお伝えしました。 組織変革と空気のマネジメントに関連するのですが、「逆ドミノ倒し現象」と呼んでいる考え方があり

Magic Shields主催オンラインセミナーで講演しました。

先日は、Magic Shields主催オンラインセミナーで講演しました。テーマは「医療安全のためのノンテクニカルスキル基本編」。 いつもノンテクニカルスキルの4つの領域としてお伝えしている「考える力」「伝える力」「決める力」「動かす力」。医療安全においても、 【考える力】 思い込み 思い間違い 認識間違い など 【伝える力】 伝え間違い(伝達ミス) 伝えたのに伝わらなかった など 【決める力】 組

Comments


bottom of page