top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

自分を守るための「保険」として、他者のミスを批判しないようにする

あるミスを起こした人(他者)を批判するということは、自分が同じミスを起こしてしまった際に、言い訳ができなくなることを意味します。


つまり、他者のミスを批判するということは、裏返せば、自分のミスを他者から批判されても仕方ないということになってしまいます。


だから、「他者を思いやることが大事だ」といった美しい話ではなくて、将来(同じミスを起こしてしまった際に)批判されないように、自分を守るための「保険」として、普段から他者のミスを批判しないようにするというのも、1つの考え方です。よく、


「論理は内向きに働く」


という言葉を以前から使っていますが、施設より組織、組織より他者、他者より自分といったように、人の論理が内向きに働くのが自然なのであれば、まずは自分のことを守り、それが結果的に他者のためになるといったように、


「利己を通じた利他」


によって、結果的にお互いがハッピーになれば、それでも良いのではないかと思います。

Recent Posts

See All

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル16

「フレームワークのジレンマ」 物事を視点に分けてとらえるフレームワークは、本来は考えるための道具であるにも関わらず、フレームワークを使うことで満足してしまい、考えることをやめてしまうと本末転倒になる。考えるための道具であるフレームワークを使うことによって、考えることをやめてしまうジレンマ。フレームワークは部屋(思考)の整理整頓(片付け)。スッキリして気分が良くなるが、大事なことは、整理整頓した後に

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル15

「学び方を学ぶ」 組織学習は、「料理教室方式」から「おばあちゃんの知恵袋方式」へと進化が求められる。ヨソ者(講師)から学ぶ前者は、ヨソ者がいる時しか学べないのに対して、自分たちで教訓を引き出し学ぶ後者は、日常業務のなかで常に学び続けることができる。学びの量は比較にならない。ここで言う「学び方」というのは、「計画」「実行」「振り返り」「教訓」のサイクルを組織全体で回すこと。学び方を学んだ組織は、自分

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル14

「意思決定力」 間違った意思決定を正しく実行すると、間違った結果になる。実行は意思決定に従う。意思決定は、 ①選択肢(なにを選ぶのか?) ②判断基準(どうやって選ぶのか?) ③タイミング(いつ選ぶのか?) の3つのポイントが大事。特に難しいのは③。意思決定のタイミングが早すぎると判断材料の収集が不十分になる場合もあれば、遅すぎると時すでに遅しで後戻りできない場合もある。

Comments


bottom of page