• 佐藤 和弘

自分自身が抵抗派であることに気づいた場合

組織の2:6:2の法則を学ぶと、実は自分自身が抵抗派であることに気づく場合もあるが、落ち込む必要はない。


やることはシンプル。推進派の邪魔をしないようにする。たとえ、それが善意だとしても。


常に「邪魔してないかな?」と自問する。

© 2013 by Kazuhiro Sato