• 佐藤 和弘

自組織の空気を簡単に知る方法

自組織の空気を簡単に知る方法がある。ある【問題】が起こったときに、推進派でも抵抗派でもなく、慎重派スタッフに「なんでそうなったの?」と聞いてみればいい。


そこで、「スミマセン・・・」と自分が責めれていると勘違いしたり、「でも、私はちゃんと伝えました」といったように自らの身を守ろうとしたり、「◯◯さんが悪いんです」と他のスタッフのせいにするといった反応があれば、組織にはネガティブな空気が広がっているといえる。


逆に、「なぜかを考えてみたんですが・・・」といったように【原因】を考えたり、「だから今後はこうすべきだと思います」と【対策】を提案するといった反応があれば、組織にはポジティブな空気が広がっているといえる。


「なんでそうなったの?」という言葉は、犯人探しではなく、【原因】探しのための言葉である。だからこそ、この言葉を伝える側と聞く側の双方が、そのことを前提に言葉のやり取りをしなければならない。


一方で大事なことは、ここでいうポジティブ・ネガティブな空気とは、単に「仲が良いかどうか」とか「思いやりがあるかどうか」「和気あいあいかどうか」といった意味ではないということだ。


たとえ厳しく張り詰めた空気であっても、それが自組織のビジョンに向かうためのものであればポジティブな空気であるし、優しく和やかな空気であっても、現状満足に浸っているものであればネガティブな空気である。


医療現場でどんな組織の空気をつくるか、その結果は、最終的に患者さんに向かう。変革リーダーは、このことを十分に理解しておくことが大切である。空気を恐れ、だからこそ空気に向き合う覚悟が求められる。

Recent Posts

See All

有事のリーダーシップと「成功体験と習慣化」

平時の制度は有事には通用しない。だが、平時に制度化されたことには、そうすることが良いと判断した成功体験があったからであるから、制度を変えることに対して、組織の人たちからの不安や反発があることは、容易に想像がつく。 さらに、制度は「行動の仕組み化」であるので、制度によって長年の行動が習慣化されてしまうと、頭ではわかっていても、行動変容することが難しくなってしまう。 平時にはマネジメントが、有事にはリ

有事の中の平時にいるリーダーの、有事標準のリーダーシップ

有事の状況であっても、それが実際に自分たちの半径5メートルの中に入ってこない限り、行動すべきことはそれほど大きく変わらない。それは、平時の状況の時から「基本」と言われてきたことを、ただ粛々を行動し続けることである。 だから、もし組織の人たちが相当な「異常」な行動を取らざるを得なくなった時には、すでに半径5メートルの中に有事が入り込んでしまっていることを意味する。 有事と一言で言っても、「戦争」体験

© 2013 by Kazuhiro Sato