• 佐藤 和弘

自組織の空気を簡単に知る方法

自組織の空気を簡単に知る方法がある。ある【問題】が起こったときに、推進派でも抵抗派でもなく、慎重派スタッフに「なんでそうなったの?」と聞いてみればいい。


そこで、「スミマセン・・・」と自分が責めれていると勘違いしたり、「でも、私はちゃんと伝えました」といったように自らの身を守ろうとしたり、「◯◯さんが悪いんです」と他のスタッフのせいにするといった反応があれば、組織にはネガティブな空気が広がっているといえる。


逆に、「なぜかを考えてみたんですが・・・」といったように【原因】を考えたり、「だから今後はこうすべきだと思います」と【対策】を提案するといった反応があれば、組織にはポジティブな空気が広がっているといえる。


「なんでそうなったの?」という言葉は、犯人探しではなく、【原因】探しのための言葉である。だからこそ、この言葉を伝える側と聞く側の双方が、そのことを前提に言葉のやり取りをしなければならない。


一方で大事なことは、ここでいうポジティブ・ネガティブな空気とは、単に「仲が良いかどうか」とか「思いやりがあるかどうか」「和気あいあいかどうか」といった意味ではないということだ。


たとえ厳しく張り詰めた空気であっても、それが自組織のビジョンに向かうためのものであればポジティブな空気であるし、優しく和やかな空気であっても、現状満足に浸っているものであればネガティブな空気である。


医療現場でどんな組織の空気をつくるか、その結果は、最終的に患者さんに向かう。変革リーダーは、このことを十分に理解しておくことが大切である。空気を恐れ、だからこそ空気に向き合う覚悟が求められる。

Recent Posts

See All

メタバースという流行り言葉の背景には、「非現実世界(バーチャル)を現実世界(リアル)に近づけていきたい」という、人間の自然な欲求があるように思います。 あくまでも、僕らが日々生活しているのは、今この瞬間も目の前に見えている現実世界であり、いかにこの現実世界を心身ともに豊かに過ごすかは、誰しもが関心を持つことだと言えます。 その上で、テクノロジーの進化によって、従来の文字や音声の世界から、画像や動画

「問題を正しく解決するよりも、正しい問題を解決することが大事」 もちろん、「問題を正しく解決する」ことも「正しい問題を解決する」ことも、両方大事です。ただ、正しい問題において間違った対策を実行すれば「解決できなかった」だけで終わるかもしれませんが、間違った問題を正しく解決しようとしてしまうと、本当の問題が解決しないだけでなく、それによって別の問題が起こってしまうかもしれません。その意味では、上記の

昨今、「パーパス(経営)」といった言葉が流行っています。「存在意義」と訳されることもあるパーパスですが、これは本来は「目的」という意味になります。経営単位であれ個別業務単位であれ、ある活動は目的を実現するための手段ですから、「何のためにその活動を行うのか?」という目的を押さえることは、これまでも、そしてこれからも重要であり、本来は普遍的なことです。 では、なぜ、このような整理をしたのかというと、と