top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

自組織の空気を簡単に知る方法

自組織の空気を簡単に知る方法がある。ある【問題】が起こったときに、推進派でも抵抗派でもなく、慎重派スタッフに「なんでそうなったの?」と聞いてみればいい。


そこで、「スミマセン・・・」と自分が責めれていると勘違いしたり、「でも、私はちゃんと伝えました」といったように自らの身を守ろうとしたり、「◯◯さんが悪いんです」と他のスタッフのせいにするといった反応があれば、組織にはネガティブな空気が広がっているといえる。


逆に、「なぜかを考えてみたんですが・・・」といったように【原因】を考えたり、「だから今後はこうすべきだと思います」と【対策】を提案するといった反応があれば、組織にはポジティブな空気が広がっているといえる。


「なんでそうなったの?」という言葉は、犯人探しではなく、【原因】探しのための言葉である。だからこそ、この言葉を伝える側と聞く側の双方が、そのことを前提に言葉のやり取りをしなければならない。


一方で大事なことは、ここでいうポジティブ・ネガティブな空気とは、単に「仲が良いかどうか」とか「思いやりがあるかどうか」「和気あいあいかどうか」といった意味ではないということだ。


たとえ厳しく張り詰めた空気であっても、それが自組織のビジョンに向かうためのものであればポジティブな空気であるし、優しく和やかな空気であっても、現状満足に浸っているものであればネガティブな空気である。


医療現場でどんな組織の空気をつくるか、その結果は、最終的に患者さんに向かう。変革リーダーは、このことを十分に理解しておくことが大切である。空気を恐れ、だからこそ空気に向き合う覚悟が求められる。

Recent Posts

See All

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル37

「半径5メートルのプレゼンテーションスキルとあの手この手力」 プレゼンテーションスキルとは、講演や発表といった特別な舞台だけでなく、現場業務という日常の舞台においても重要になるスキルである。プレゼンテーションスキルを現場の半径5メートルの視点で考えた場合、ある説明に関して、難しい内容を日常の出来事でわかりやすく表現し直してみる力(例える力)や、相手との共通点を押さえたうえで、その文脈を通じて伝えた

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル36

「一般化する力と一般化しない力」 複雑な物事を理解するためには、その物事を代表的な言葉で言い表す「一般化」が重要。その一般化された言葉を軸にすれば、さまざまな出来事に対応しやすくなる。一方で、複数な物事を代表的な言葉で言い表すという行為によって、さまざまな個別の情報がこぼれ落ちてしまい、「皆に当てはまるようで、実は誰にも当てはまらない」といった結果になりなねない。だからこそ、一般化する力と一般化し

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル35

「キレイゴトとリアリズムの間」 キレイゴトだけでは現実感を持てないが、リアリズムだけでは希望を持てない。最善の答えは、キレイゴトとリアリズムの間にある。キレイゴトをかかげる場合はリアリズムにも引き寄せ、リアリズムをかかげる場合はキレイゴトにも引き寄せる、絶妙なバランス感覚が求められるが、必ずしも1人でバランスを取る必要はない。立場や性格などを勘案しながら、自分と他者とでキレイゴト役とリアリズム役を

Comments


bottom of page