• 佐藤 和弘

諏訪中央病院の医療安全研修で講演

諏訪中央病院の医療安全研修で2度目の講演をしました。


ライブでの参加者数は概算で550名での双方向型オンライン研修となりました。前回もそうですが、医療機関における、これだけの規模の双方向型オンライン研修は、全国的にもあまり事例がないかもしれません。


今回は言わば「組織練習セッション」。シンプルなノンテクニカルスキルの個別スキルを組織練習することによって、共通言語づくりと空気づくりが期待できます。


一般論として、「学習(知らないことを知ること)」は知的好奇心が満たされるのに対して、「練習(知っていることをできるようにすること)」は、辛く、地道で、時間のかかる営みと言えます。だからこそ、「新しいこと」の学習を繰り返す一方で、練習して「当たり前」にすることに目が向きにくいかもしれません。


このことは、その「練習」をスタッフ全体で行うことができるということは、個別スキルを高めるうえで土台となる、重要な「組織能力」であるということを意味しています。

Recent Posts

See All

群馬県病院局職員研修【ノンテクニカルスキル管理職編】で講演

群馬県病院局職員研修【ノンテクニカルスキル管理職編】で講演しました。研修方法は双方向型オンライン研修(分散ハイブリッド型)で、テーマは「人材マネジメントに必要な仕組みと問題解決」。 テクニカルスキルとノンテクニカルスキルの関係や問題解決とは何か、ノンテクニカルスキルの重要な個別スキル、2種類の問題解決、そして問題解決の六大大陸(世界地図)に関して確認し、人材マネジメントの全体像や空気のマネジメント

群馬県病院局職員研修【ノンテクニカルスキル基礎編】で講演

群馬県病院局職員研修【ノンテクニカルスキル基礎編】で講演しました。群馬県には、心臓血管センター、がんセンター、精神医療センター、小児医療センターの4つの県立病院があります。 研修方法は双方向型オンライン研修(分散ハイブリッド型)、テーマは「ノンテクニカルスキルの基本的な考え方と医療現場での使い方」ー多職種で学ぶ組織で問題解決する技術ー。 ノンテクニカルスキルの重要な個別スキルを学び、グループで問題